cprinsp

今月植える野菜

2月に植える野菜

2月に植える野菜の一覧です。1月は栽培できる野菜がないので、2月から1年最初の野菜の栽培が始まります。2月に栽培できるのはジャガイモだけです。ジャガイモは初心者でも失敗の少ない野菜です。園芸店には1月頃から種芋が出回ります。
今月植える野菜

3月に植える野菜

3月(春)に植える野菜の一覧です。春になって暖かくなり、栽培できる野菜が一気に増えます。コマツナは収穫までの期間が比較的短く、ほぼ1年中栽培できます。長ネギは今から栽培を始めれば、鍋物などで需要の増す、冬に収穫することができます。
今月植える野菜

4月に植える野菜

4月(春)に植える野菜の一覧です。1年で最も栽培できる野菜が多い時期です。「実を食べる野菜」の栽培も始まり、園芸店などには、トマトやキュウリ、ゴーヤーの苗など、様々な野菜苗が出回ります。「根を食べる野菜」では害虫の影響を受けにくいゴボウの栽培がおすすめです。
今月植える野菜

5月に植える野菜

5月(春)に植える野菜の一覧です。野菜づくりに好適な時期です。「実を食べる野菜」のメロンやスイカは、今月、苗を植え付ければ、夏に収穫できます。「根を食べる野菜」ではサツマイモの植え付けができます。秋にサツマイモを収穫したい場合は、忘れずに植え付けを行います。
今月植える野菜

6月に植える野菜

6月に植える野菜の一覧です。先月に比べて、栽培できる野菜が一気に少なくなります。「実を食べる野菜」では、ササゲが栽培できます。ササゲはインゲンのようなマメ科の野菜で、暑さに強く、真夏でも旺盛に生育します。
今月植える野菜

7月に植える野菜

7月(夏)に植える野菜の一覧です。「根を食べる野菜」ではニンジンの種まきが可能になります。種をまいたら、発芽まで種を乾燥させないように気をつけます。サラダなどに向く、短根種のゴボウも栽培可能です。
今月植える野菜

8月に植える野菜

8月(夏)に植える野菜の一覧です。「葉・鱗茎を食べる野菜」では、レタスやキャベツなどの結球野菜の種まきができます。「根を食べる野菜」では、ジャガイモの植え付けが可能になります。
今月植える野菜

9月に植える野菜

9月(秋)に植える野菜の一覧です。野菜の秋まきが始まる時期です。冬の鍋物などに利用する、ミズナやハクサイ、ダイコンなどの種まきができます。カラシナ、タカナなどは冬でも収穫できる野菜です。タマネギの栽培が開始できるのもこの時期からです。
今月植える野菜

10月に植える野菜

10月(秋)に植える野菜の一覧です。再び「実を食べる野菜」の栽培が可能になる時期で、イチゴやエンドウの栽培ができます。園芸店などには、様々な品種のイチゴ苗が出回るようになります。
今月植える野菜

11月に植える野菜

11月(秋)に植える野菜の一覧です。12月は栽培できる野菜がないので、今月が1年で最後の栽培月になります。栽培できるのは、全部「実を食べる野菜」です。エンドウやソラマメは苗が大きくなりすぎると、耐寒性が弱くなるので、種まき時期に注意が必要です。
お役立ち情報

ダイソーの種ラインナップ

100円ショップ(100均)ダイソーの野菜・草花・ハーブ種のラインナップです。2袋税抜き100円。地域、店舗によっては品揃えが異なる場合があります。種には春まき用と秋まき用があります。
お役立ち情報

台風にも耐える頑丈な支柱の組み方

ツルもの野菜などのために園芸支柱を組むときは、紐のかわりに、針金(番線でも可能)を使って支柱同士を縛ると、台風にも耐える、頑丈で耐久性のある組み方ができます。その手順を写真で説明します。
お役立ち情報

キウイ棚(ブドウ棚)を作ってみた

小型のキウイ棚(ブドウ棚)を単管パイプで作ったので、使用材料と費用をまとめました。ツルを這わせる天井部分には、ワイヤーの代わりに、細めのメッキパイプを使用しています。
お役立ち情報

キウイフルーツの栽培記録

キウイフルーツの苗木を植え付けてから、収穫するまでの栽培記録をまとめました。植え付け時のツルの長さは50cmほどでした。植え付けから1年半でツルの長さは220cmになり、キウイ棚の上までツルが到達しました。
お役立ち情報

都道府県別 初霜・初雪の時期

都道府県別の初霜・終霜(遅霜)と初雪・終雪の平年値(1981年から2010年までの平均)を表にまとめました。種まきや苗の植え付け、収穫時期の目安になります。
野菜・山菜の育て方

アーティチョークの栽培方法・育て方|開花前の蕾を食用にする

アーティチョークの栽培方法・育て方です。アーティチョークは4月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月(2年目以降)です。大きくなった開花前の蕾を収穫します。蕾はフランス料理やイタリア料理などの食材に利用されます。草丈は2mほどになります。
野菜・山菜の育て方

アイスプラントの栽培方法・育て方|塩水を与えると塩味がつく

アイスプラントの栽培方法・育て方です。アイスプラントは4月~5月(春植え)と9月~10月(秋植え)に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~7月と10月~5月です。伸びてくる側枝を順次摘み取って収穫します。塩水を与えると葉に塩味がつくという面白い野菜です。
野菜・山菜の育て方

アスパラガスの栽培方法・育て方|立茎栽培で春から秋まで収穫

アスパラガスの栽培方法・育て方です。アスパラガスは3月~4月に根株を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~9月(2年目以降)です。根株を植えた場合は翌年から収穫できますが、種からでは収穫まで3年かかります。若茎が20cmほど伸びたら収穫します。
野菜・山菜の育て方

イチゴの栽培方法・育て方|伸びたランナーの先に子苗ができる

イチゴ(苺)の栽培方法・育て方です。イチゴは10月~11月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~6月です。実が赤くなって熟したら収穫します。初夏に収穫する一季成り品種が一般的ですが、秋まで収穫できる四季成り品種もあります。
野菜・山菜の育て方

エシャロットの栽培方法・育て方|フランス料理に欠かせない

エシャロットの栽培方法・育て方です。エシャロットは9月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月です。全株の6~7割の葉が倒伏した頃に収穫します。タマネギの変種で、ベルギーエシャロットとも呼ばれます。ラッキョウのエシャレットとは異なります。
野菜・山菜の育て方

エダマメの栽培方法・育て方|摘心をして収量を増やす

エダマメ(枝豆)の栽培方法・育て方です。エダマメは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~8月です。サヤを指でつまむと豆が飛び出てくるくらいの頃に収穫します。早く収穫できる早生種や、特有の香りとコクのある、茶豆や黒豆がおすすめです。
野菜・山菜の育て方

オカノリの栽培方法・育て方|火であぶると海苔に似た食感

オカノリの栽培方法・育て方です。オカノリは4月~9月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~11月です。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫します。火であぶると、海苔に似た食感が味わえます。水分や養分が不足すると葉がかたくなるので注意します。
野菜・山菜の育て方

オカヒジキの育て方

オカヒジキの育て方です。オカヒジキは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~8月です。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫します。見た目がヒジキに似ていることからオカヒジキと呼ばれています。栄養価の高い野菜です。
野菜・山菜の育て方

オカワカメの育て方

オカワカメの育て方です。オカワカメは4月~6月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。厚みのある葉を随時、収穫します。雲南百薬、ぬるっぱなどの名称で販売されていることもあります。暑さに強い、つる性の野菜です。
野菜・山菜の育て方

オクラの育て方

オクラの育て方です。オクラは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~10月です。サヤが7~8cmの長さになったら収穫します。サヤを刻むと出てくる、粘りの成分ムチンには消化吸収を助ける働きがあります。
野菜・山菜の育て方

カブの育て方

カブ(蕪)の育て方です。カブは3月~4月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。根径が5cmになったら収穫します。根の大きさによって、小カブから大カブまであります。
野菜・山菜の育て方

カボチャの育て方

カボチャ(南瓜)の育て方です。カボチャは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。受粉後40~50日が収穫の目安です。生で皮ごと食べられるものや100kgの巨大果になるものなど、多くの品種があります。
野菜・山菜の育て方

カラシナ、タカナの育て方

カラシナ(からし菜)、タカナ(高菜)の育て方です。カラシナやタカナは9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~2月です。カラシナは草丈20cm以上になった頃から、タカナは12月頃から収穫できます。タカナはカラシナの変種です。
野菜・山菜の育て方

カリフラワーの育て方

カリフラワーの育て方です。カリフラワーは7月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~12月です。花蕾の直径が12~15cmになったら収穫します。カリフラワーはブロッコリーの変種です。花蕾がオレンジや紫になる品種もあります。
野菜・山菜の育て方

キクイモの育て方

キクイモ(菊芋)の育て方です。キクイモは3月~4月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。草丈は2m以上にもなるので、強風の当たらない場所に植え付けます。茎葉が枯れてきたら、土中から塊茎(芋)を掘り出して収穫します。
野菜・山菜の育て方

キャベツの育て方

キャベツの育て方です。キャベツは7月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~12月です。大きくなった球を手で押してみて、かたく締まっていたら収穫します。さまざまな料理に使える結球野菜の代表です。
野菜・山菜の育て方

キュウリの育て方

キュウリ(胡瓜)の育て方です。キュウリは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~8月です。果実の長さが18~20cmくらいになったら収穫します。雌雄異花ですが受粉しなくても実がつきます。加熱調理向きの品種もあります。
野菜・山菜の育て方

クウシンサイ(エンサイ)の育て方

クウシンサイ(エンサイ)の育て方です。クウシンサイ(空心菜)は5月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~10月です。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫します。茎内部が空洞になっているのが特徴です。高温多湿を好みます。
野菜・山菜の育て方

ケールの育て方

ケールの育て方です。ケールは7月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~12月です。30cmくらいに成長した葉を順次かき取って収穫します。栄養価が高く、青汁用の原料として利用されています。
野菜・山菜の育て方

ゴーヤーの育て方

ゴーヤー(ニガウリ)の育て方です。ゴーヤーは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~10月です。果実の長さが20cmくらいになったら収穫します。果実には独特の苦味があります。つる性なので、窓際で育てれば緑のカーテンとしても利用できます。
野菜・山菜の育て方

コールラビの育て方

コールラビの育て方です。コールラビは3月~4月(春まき)と7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と10月~11月です。球茎の直径が5~6cmの頃に収穫します。地際の茎がカブのように肥大する、キャベツの仲間です。
野菜・山菜の育て方

ゴボウの育て方

ゴボウ(牛蒡)の育て方です。ゴボウには長根種と短根種があります。家庭菜園では栽培の容易な根長40cm前後の短根種がおすすめです。短根種は4月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~1月です。根径1~2cmになったら収穫します。
野菜・山菜の育て方

コマツナの育て方

コマツナ(小松菜)の育て方です。コマツナは3月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~12月です。草丈が15~20cmになったら収穫します。コマツナは収穫までの期間が比較的短く、ほぼ1年中栽培できます。
野菜・山菜の育て方

ササゲの育て方

ササゲの育て方です。ササゲは4月~7月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~9月です。種子が少し肥大した頃に収穫します。ササゲは盛夏でも旺盛に生育するマメ科の野菜です。長さ30~60cmにもなる若サヤを食用にします。
野菜・山菜の育て方

サツマイモの育て方

サツマイモ(薩摩芋)の育て方です。サツマイモは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~11月です。葉がやや黄色くなり始めた頃に収穫します。肥料に窒素分が多いと、茎葉ばかりが成長して、芋の肥大が悪くなるので、肥料の与え過ぎに注意します。
野菜・山菜の育て方

サトイモの育て方

サトイモ(里芋)の育て方です。サトイモは4月~5月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。霜が降りる前に収穫を終えるようにします。サトイモは種芋の上に芋ができます。生育中、芋を太らせるため、忘れずに土寄せを行います。
野菜・山菜の育て方

サヤインゲンの育て方

サヤインゲンの育て方です。サヤインゲンは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~8月です。さやの長さが12cm以上になったら収穫します。つるあり種とつるなし種がありますが、つるあり種のほうが収穫期間は長めです。
野菜・山菜の育て方

サヤエンドウ、スナップエンドウの育て方

サヤエンドウ、スナップエンドウの育て方です。どちらも10月~11月に種をまいて、4月~6月に収穫します。サヤエンドウは種子が肥大する前、スナップエンドウは種子が十分肥大した頃に収穫します。つるあり種とつるなし種(矮性種)があります。
野菜・山菜の育て方

シソの育て方

シソ(紫蘇)の育て方です。シソは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~9月です。下葉から順次摘みとって収穫します。青ジソは料理の添え物や天ぷらなどに、赤ジソは梅干しの色づけなどに利用されます。青ジソは大葉とも呼ばれます。
野菜・山菜の育て方

ジネンジョ、ナガイモ、ツクネイモの育て方

ジネンジョ(自然薯)、ナガイモ(長芋)、ツクネイモ(捏芋)の育て方です。いずれも4月~5月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。地上部が枯れてきた頃に収穫します。ジネンジョは長さ1m以上にもなる芋です。ジネンジョはヤマイモ(山芋)と呼ばれることもあります。
野菜・山菜の育て方

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方です。ジャガイモは2月~3月(春植え)と8月~9月(秋植え)に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。茎葉が枯れてきたら収穫します。芋は種芋の上にできるので、生育中、何度か土寄せを行います。
野菜・山菜の育て方

シュンギクの育て方

シュンギク(春菊)の育て方です。シュンギクは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。生食に適したサラダ用の品種もあります。
野菜・山菜の育て方

ショウガの育て方

ショウガ(生姜)の育て方です。ショウガは4月~5月に種ショウガを植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月と10月~11月です。夏に収穫すれば葉ショウガとして、秋に収穫すれば根ショウガとして利用できます。特有の辛味があります。
野菜・山菜の育て方

スイカの育て方

スイカ(西瓜)の育て方です。スイカは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。受粉後35~45日が収穫の目安です。栽培には広いスペースが必要ですが、小玉スイカならプランターでも栽培できます。
野菜・山菜の育て方

スイスチャードの育て方

スイスチャードの育て方です。スイスチャードは4月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。葉柄の色がカラフルなのが特徴です。耐暑性が強く、夏でも栽培できます。
野菜・山菜の育て方

ズッキーニの育て方

ズッキーニの育て方です。ズッキーニは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~8月です。果実が長さ20cm程度になったら収穫をします。果実だけでなく若い花も食用になります。つるは伸びませんが、カボチャの仲間です。
野菜・山菜の育て方

セロリの育て方

セロリの育て方です。セロリは5月~6月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~12月です。草丈が30~40cmになったら収穫します。セロリは独特の強い芳香と歯ごたえが特徴の香味野菜です。繊維質も豊富です。
野菜・山菜の育て方

ソラマメの育て方

ソラマメ(空豆)の育て方です。ソラマメは10月~11月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月です。上を向いていたサヤが下を向くようになったら収穫します。花芽分化に低温が必要なので通常、秋まきで栽培します。生食できる品種もあります。
野菜・山菜の育て方

ターサイの育て方

ターサイ(タアサイ)の育て方です。ターサイは4月~5月(春まき)と8月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~2月です。株の直径が20~25cmの頃に収穫します。寒さにあたると甘味が増すので、秋からの栽培が最適です。
野菜・山菜の育て方

ダイコンの育て方

ダイコン(大根)の育て方です。ダイコンは4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月と10月~12月です。根径が6~7cmになった頃に収穫します。冷涼な気候を好むので、秋からの栽培がおすすめです。
野菜・山菜の育て方

タマネギの育て方

タマネギ(玉葱)の育て方です。タマネギは9月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月です。全株の8割の株の葉が倒れた頃に収穫します。中晩生種なら、収穫後、長期保存ができます。苗や子球を植え付けて栽培することもできます。
野菜・山菜の育て方

チョロギの育て方

チョロギの育て方です。チョロギは3月~4月に塊茎を植え付けて栽培します。収穫時期は11月~12月です。茎葉が枯れはじめた頃に収穫します。チョロギは巻貝みたいな形をしています。梅酢で赤く染めて、おせち料理などに使用します。
野菜・山菜の育て方

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方です。チンゲンサイは4月~5月(春まき)と9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と10月~11月です。草丈が15~20cmの頃に収穫します。短期間で収穫できるミニサイズのチンゲンサイもあります。
野菜・山菜の育て方

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキの育て方です。ツルムラサキは5月~6月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~10月です。やわらかいつる先を順次摘み取って収穫します。ツルムラサキはつる性の野菜で、暑さに強く、夏でも旺盛につるが伸びます。
野菜・山菜の育て方

テーブルビートの育て方

テーブルビート(ビーツ)の育て方です。テーブルビートは3月~4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。根の直径が5~6cmの頃に収穫します。煮込み料理のボルシチには欠かせない食材です。
野菜・山菜の育て方

トウガラシ、シシトウの育て方

トウガラシ(唐辛子)、シシトウ(獅子唐)の育て方です。どちらも5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。トウガラシは実が赤く色づいた頃、シシトウは実の長さが5~7cmになった頃に収穫します。シシトウには辛味はありません。
野菜・山菜の育て方

トウモロコシの育て方

トウモロコシの育て方です。トウモロコシは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~8月です。雌穂の絹糸が褐色になった頃に収穫します。風媒によって受粉するので、受粉しやすくなるよう、2列以上で栽培します。
野菜・山菜の育て方

トマトの育て方

トマトの育て方です。トマトは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。実がヘタの付近まで赤くなって成熟した頃に収穫します。大玉トマトは開花から60日程度で成熟します。加熱調理に適した調理用のトマトもあります。
野菜・山菜の育て方

ナスの育て方

ナス(茄子)の育て方です。ナスは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。実の長さが10~12cmになったら収穫します。ナスには形状、大きさ、色の異なる多くの品種があります。生で食べられる品種もあります。
野菜・山菜の育て方

ナバナの育て方

ナバナ(菜花)の育て方です。ナバナは8月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~3月です。伸びてきたとう(花茎)を収穫します。とう立ちした、チンゲンサイやコマツナなどの葉菜類もナバナとして利用できます。
野菜・山菜の育て方

ニラの育て方

ニラ(韮)の育て方です。ニラは3月~4月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~10月(2年目以降)です。草丈が25~30cmになったら収穫します。収穫後も葉は次々と伸びてくるので、何度も収穫できます。
野菜・山菜の育て方

ニンジンの育て方

ニンジン(人参)の育て方です。ニンジンは3月~4月(春まき)と7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~8月と11月~2月です。根の直径が4~5cmの頃に収穫します。根長15~20cmの五寸ニンジンが現在の栽培の主流です。
野菜・山菜の育て方

ニンニクの育て方

ニンニクの育て方です。ニンニクは9月~10月に鱗片を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~6月です。葉の3~5割が枯れた頃に収穫します。ニンニクは栽培期間の長い野菜です。臭いのもと、アリシンには疲労回復などの効果があります。
野菜・山菜の育て方

ネギの育て方

ネギ(葱)の育て方です。ネギには長ネギと葉ネギがあります。長ネギは3月~4月、葉ネギは3月~9月に種をまいて栽培します。収穫時期は長ネギが11月~2月、葉ネギは5月~11月です。長ネギは何度も土寄せをして、葉鞘部を白くします。
野菜・山菜の育て方

ハクサイの育て方

ハクサイ(白菜)の育て方です。ハクサイは8月~9月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~1月です。結球部を押さえてみて、硬く締まっていたら収穫します。暑さに弱く、冷涼な気候を好むので、夏まきで栽培します。
野菜・山菜の育て方

パセリの育て方

パセリの育て方です。パセリは3月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~5月です。外葉から順に2~3枚ずつ摘み取って収穫します。葉が縮れた縮葉種(モスカールドパセリ)と葉が平たい平葉種(イタリアンパセリ)があります。
野菜・山菜の育て方

ハツカダイコンの育て方

ハツカダイコン(二十日大根)の育て方です。ハツカダイコンは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~6月と10月~12月です。根の直径が2cmくらいになったら収穫します。種まきから30~40日で収穫できます。
野菜・山菜の育て方

ピーマン、パプリカの育て方

ピーマン、パプリカの育て方です。どちらも5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。ピーマンは実の長さ6~7cm、パプリカは果実全体が色づいた頃に収穫します。果肉が厚い、大果のベル型ピーマンがパプリカと呼ばれています。
野菜・山菜の育て方

ブロッコリー、スティックブロッコリーの育て方

ブロッコリー、スティックブロッコリーの育て方です。どちらも7月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は10~12月です。ブロッコリーは頂花蕾(ちょうからい)を、スティックブロッコリーは長く伸びた側枝と側花蕾(そくからい)を食用にします。
野菜・山菜の育て方

ベビーリーフの育て方

ベビーリーフの育て方です。ベビーリーフは4月~6月と9月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~8月と10月~11月です。草丈が10cmになったら収穫します。野菜の若い葉を摘みとったものがベビーリーフです。種まきから20~30日で収穫できます。
野菜・山菜の育て方

ホウレンソウの育て方

ホウレンソウ(法蓮草)の育て方です。ホウレンソウは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~6月と10月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。生食できる品種もあります。
野菜・山菜の育て方

ミズナの育て方

ミズナ(水菜)の育て方です。ミズナは9月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~2月です。小株どりの場合、草丈が20cm以上になったら収穫できます。大株になると葉数は数百枚にもなります。
野菜・山菜の育て方

ミツバの育て方

ミツバ(三つ葉)の育て方です。ミツバは4月~6月と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~8月と10月~11月です。草丈が20cm以上になったら収穫します。再び伸びてくるので何度も収穫できます。半日陰でも育ちます。
野菜・山菜の育て方

ミョウガの育て方

ミョウガ(茗荷)の育て方です。ミョウガは3月~4月に地下茎または苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~10月です。開花前の蕾を収穫します。蕾のほか、軟化栽培した若茎も食べられます。半日陰の湿った場所を好みます。
野菜・山菜の育て方

メキャベツの育て方

メキャベツ(芽キャベツ)の育て方です。メキャベツは7月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~2月です。芽球の直径が2.5cmくらいになったら収穫します。メキャベツは長く伸びた茎に小さなキャベツ(芽球)が鈴なりにつきます。
野菜・山菜の育て方

メロンの育て方

メロンの育て方です。メロンは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。受粉後40~45日が収穫の目安です。メロンは栽培難度がかなり高いので、初心者には作りやすいノーネット系の品種がおすすめです。
野菜・山菜の育て方

モロヘイヤの育て方

モロヘイヤの育て方です。モロヘイヤは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~10月です。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫します。ビタミン類やミネラル分を豊富に含む健康野菜です。暑さに強く、夏場でもよく生育します。
野菜・山菜の育て方

ヤーコンの育て方

ヤーコンの育て方です。ヤーコンは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。霜が降りる前に収穫します。芋は生でも食べられます。草丈は2mほどになるので、他の野菜の成長の邪魔にならない場所で栽培します。
野菜・山菜の育て方

ラッカセイの育て方

ラッカセイ(落花生)の育て方です。ラッカセイは5月に種をまいて栽培します。収穫時期は9月~10月です。茎葉が黄変してきた頃に収穫します。ラッカセイはマメ科の野菜ですが、サヤ(マメ)は地上ではなく、地中にできます。
野菜・山菜の育て方

ラッキョウの育て方

ラッキョウの育て方です。ラッキョウは8月~9月に種球を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月です。葉が枯れてきた頃に収穫します。ラッキョウは特有の臭いと辛味があります。春に若どりしたものはエシャレットと呼ばれます。
野菜・山菜の育て方

リーキの育て方

リーキの育て方です。リーキは3月~4月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~2月です。生育中、何度も土寄せをして葉鞘部を軟白します。軟白部の長さが20cm程度になったら収穫します。栽培方法は長ネギとほぼ同じです。
野菜・山菜の育て方

ルッコラの育て方

ルッコラの育て方です。ルッコラは3月~6月と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~7月と10月~12月です。草丈が15cm以上になったら収穫します。ピリッとした辛みとゴマの香りがするハーブです。
野菜・山菜の育て方

ルバーブの育て方

ルバーブの育て方です。ルバーブは3月~4月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月(2年目以降)です。葉柄の長さが30~50cmになったら収穫します。独特の香りと酸味がある葉柄をジャムなどに利用します。
野菜・山菜の育て方

レタス、リーフレタスの育て方

レタス、リーフレタスの育て方です。どちらも3月~4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。レタスは玉が硬く締まった頃、リーフレタスは株の直径が25~30cmの頃に収穫します。
野菜・山菜の育て方

レンコンの育て方

レンコン(蓮根)の育て方です。レンコンは4月に種レンコンを植え付けて栽培します。収穫時期は10月~3月です。茎葉が枯れた頃に収穫します。栽培用のプールを作れば家庭でも栽培できます。1坪のスペースで2株栽培できます。
野菜・山菜の育て方

ワケギの育て方

ワケギ(分葱)の育て方です。ワケギは8月~9月に種球を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月と3月~4月です。草丈20~30cmになった頃に収穫します。冬は地上部がほとんど枯れますが、春になると再び、芽を出します。
野菜・山菜の育て方

ウコギの育て方

【山菜】ウコギの育て方です。ウコギは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~6月です。やわらかな新芽(若葉)を摘み取って収穫します。ご飯に混ぜてウコギ飯にすると、独特の香りとほろ苦さが楽しめます。
野菜・山菜の育て方

ウドの育て方

【山菜】ウド(独活)の育て方です。ウドは4月~5月に根株を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~5月(2年目以降)です。若茎が30cm程度伸びた頃に収穫します。スーパーなどで見かける白いウドは、暗室の中で育てたものです。
野菜・山菜の育て方

オオバギボウシ(ウルイ)の育て方

【山菜】オオバギボウシの育て方です。オオバギボウシは3月~4月に根株を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~5月(2年目以降)です。葉が開く前の若芽を収穫します。東北地方ではウルイと呼ばれています。
野菜・山菜の育て方

クサソテツ(コゴミ)の育て方

【山菜】クサソテツ(コゴミ)の育て方です。クサソテツは3月~4月に根株を植え付けて栽培します。収穫時期は4月(2年目以降)です。草丈が10~15cmの頃に収穫します。アクがないので、調理しやすいのが特徴です。
野菜・山菜の育て方

タラノキ(タラノメ)の育て方

【山菜】タラノキの育て方です。タラノキは3月~4月に種根を植え付けて栽培します。収穫時期は4月(2年目以降)です。頂芽が10cm前後に伸びた頃に収穫します。タラノキ(タラの木)の新芽をタラノメ(タラの芽)といいます。
野菜・山菜の育て方

ノビルの育て方

【山菜】ノビル(野蒜)の育て方です。ノビルは9月~10月に種球を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~5月です。草丈が50cmになった頃に収穫します。若い葉と地下にできる鱗茎(球根)を食用にします。鱗茎には独特の辛味があります。
野菜・山菜の育て方

フキの育て方

【山菜】フキ(蕗)の育て方です。フキは3月に地下茎を植え付けて栽培します。収穫時期は2月~3月と5月~6月(2年目以降)です。フキノトウは苞が開く前、フキは葉柄の長さが50~60cmになった頃に収穫します。
果樹の育て方

アケビ、ムベの育て方

アケビ、ムベの育て方です。アケビは12月~3月、ムベは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。アケビは熟して果皮が割れたとき、ムベは果実が色づいてやわらかくなった頃に収穫します。アケビは落葉樹で、ムベは常緑樹です。
果樹の育て方

アンズの育て方

アンズの育て方です。アンズは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月です。果実が黄色く色づいて、少しやわらかくなった頃に収穫します。自家結実性はありますが、受粉樹を混植したほうが実つきがよくなります。
果樹の育て方

イチゴノキの育て方

イチゴノキ(イチゴの木)の育て方です。イチゴノキは3月~4月または9月~10月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は11月~1月です。果実が赤く色づいた頃に収穫します。イチゴノキは秋から冬にかけて開花して、同時期に果実も熟します。受粉樹は不要です。
果樹の育て方

イチジクの育て方

イチジク(無花果)の育て方です。イチジクは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~11月です。果実の先端が割れて、やわらかくなった頃に収穫します。東北地方南部以南が栽培適地です。単為結果するので、受粉樹は不要です。
果樹の育て方

イチョウの育て方

イチョウ(銀杏)の育て方です。イチョウは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。熟して落果したものを収穫します。イチョウの種子がギンナン(銀杏)です。結実には受粉樹となる雄木が必要です。
果樹の育て方

ウメの育て方

ウメ(梅)の育て方です。ウメは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~6月です。梅酒用は果実が青いうちに収穫します。梅干用は果実が黄色く色づいた頃に収穫します。自家結実性のある品種とない品種があります。
果樹の育て方

オリーブの育て方

オリーブの育て方です。オリーブは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~12月です。ピクルス用は成熟前の緑色果のうちに収穫します。オイル用は果実が成熟して黒紫色になった頃に収穫します。観葉植物としても人気があります。
果樹の育て方

カキの育て方

カキ(柿)の育て方です。カキは11月~12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~12月です。果実がオレンジ色に色づいた頃に収穫します。カキには甘柿と渋柿があります。甘柿はそのまま生食できますが、渋柿は渋抜きが必要です。
果樹の育て方

カリン、マルメロの育て方

カリン、マルメロの育て方です。どちらも12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。果実が黄色になってよい香りがするようになったら収穫します。果皮に毛がないのがカリンで、綿毛が生えているのがマルメロです。
果樹の育て方

キウイフルーツの育て方

キウイフルーツの育て方です。キウイフルーツは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。果実がかたい状態で収穫して追熟させてから食べます。果肉が赤色や黄色の品種もあります。結実させるには受粉用の雄木が必要です。
果樹の育て方

キンカンの育て方

キンカン(金柑)の育て方です。キンカンは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は12月~1月です。果実が濃い黄橙色になったら収穫します。皮ごと生食できるのが特徴です。自家結実性があるので、受粉樹は不要です。
果樹の育て方

グミの育て方

グミの育て方です。グミは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~7月と10月です。果実が赤く色づいて、やわらかくなった頃に収穫します。一部の品種では受粉樹が必要です。落葉種と常緑種があります。
果樹の育て方

クランベリーの育て方

クランベリーの育て方です。クランベリーは3月または11月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~11月です。果実が赤く色づいて、少しやわらかくなった頃に収穫します。自家結実性があるので受粉樹は不要です。冬になると葉が紅葉します。
果樹の育て方

クリの育て方

クリ(栗)の育て方です。クリは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は8月~10月です。イガが茶褐色になって落果したものを収穫します。結実させるには受粉樹が必要です。渋皮が簡単に剥ける品種がおすすめです。
果樹の育て方

クルミの育て方

クルミ(胡桃)の育て方です。クルミは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。落果したものを収穫します。クルミは種子の中の子葉の部分を食用にします。単植では結実不良になることが多いので、他品種との混植が必要です。
果樹の育て方

クワ(マルベリー)の育て方

クワ(マルベリー)の育て方です。クワ(桑)は12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月です。果実が黒紫色になって熟した頃に収穫します。一部の品種を除いて、受粉樹が必要です。大きな実をつける果樹用の品種がおすすめです。
果樹の育て方

サクランボの育て方

サクランボ(桜桃)の育て方です。サクランボは12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月です。十分色づいたものから順に収穫します。サクランボはほとんどの品種で受粉樹が必要です。黄色い果実がつく品種もあります。
果樹の育て方

ザクロの育て方

ザクロの育て方です。ザクロは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。果実が赤茶色に色づいて、頂部が裂けた頃に収穫します。自家結実性があるので受粉樹は不要です。種なしの品種や果粒が白い品種もあります。
果樹の育て方

サルナシの育て方

サルナシ(コクワ)の育て方です。サルナシは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。果実がやわらかくなった頃に収穫して、追熟させてから食べます。キウイの仲間ですが、果皮に毛がないので、そのまま食べることができます。
果樹の育て方

ジューンベリーの育て方

ジューンベリーの育て方です。ジューンベリーは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月です。果実が濃紅色になって、やわらかくなった頃に収穫します。果実はリンゴに似た香りがします。自家結実性があるので、受粉樹は不要です。
果樹の育て方

スグリ、フサスグリの育て方

スグリ(グーズベリー)、フサスグリ(カラント)の育て方です。どちらも12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。果実が色づいたら収穫します。フサスグリの果実は房状につくのが特徴です。黒い実をつけるクロフサスグリは別名カシスと呼ばれます。
果樹の育て方

スモモ(プルーン)の育て方

スモモ(プルーン)の育て方です。スモモ(プルーン)は12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~9月です。完熟して果肉がやわらかくなった頃に収穫します。収穫が早いと酸味が残ります。自家結実性のない品種では受粉樹が必要です。
果樹の育て方

デコポンの育て方

デコポン(不知火)の育て方です。デコポンは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は1月~2月です。収穫後、一定期間、貯蔵して減酸させてから食べます。デコポンは流通する果実の名前で、品種名は不知火(しらぬい)といいます。
果樹の育て方

ナシの育て方

ナシ(梨)の育て方です。ナシは12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は8月~10月です。果実から果梗が自然にとれるようになった頃に収穫します。日本ナシは樹上で完熟しますが、西洋ナシは収穫後の追熟処理が必要です。
果樹の育て方

ナツミカン(アマナツ)、ハッサクの育て方

ナツミカン(アマナツ)、ハッサク(八朔)の育て方です。どちらも3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期はハッサクが12月~1月、ナツミカン(アマナツ)が3月~6月です。ハッサクは受粉樹が必要です。
果樹の育て方

ナツメの育て方

ナツメ(棗)の育て方です。ナツメは12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。果実が茶褐色に色づいた頃に収穫します。果実はリンゴに似た味がします。自家結実性があるので、受粉樹は不要です。
果樹の育て方

ネーブルオレンジ、ブラッドオレンジの育て方

ネーブルオレンジ、ブラッドオレンジの育て方です。どちらも3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は12月~1月と3月~4月です。ブラッドオレンジは果皮と果肉にアントシアニンを含みます。受粉樹はどちらも不要です。
果樹の育て方

ハスカップの育て方

ハスカップの育て方です。ハスカップは12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~6月です。果実が濃い藍色になって、やわらかくなったら収穫します。自家結実性が低いので、受粉樹が必要です。東北地方以北が栽培適地です。
果樹の育て方

ビワの育て方

ビワ(枇杷)の育て方です。ビワは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~6月です。果実がオレンジ色に色づいて、やわらかくなった頃に収穫します。ビワは晩秋から冬にかけて開花します。自家結実性があるので受粉樹は不要です。
果樹の育て方

フェイジョアの育て方

フェイジョアの育て方です。フェイジョアは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。自然落果したものや手でさわると取れるものを収穫します。果実はパイナップルとバナナをミックスしたような香りがします。
果樹の育て方

ブドウの育て方

ブドウ(葡萄)の育て方です。ブドウは12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は8月~10月です。十分に色づいて熟したものから収穫します。受粉樹は必要ありません。皮ごと食べられる種なしの品種もあります。
果樹の育て方

ブルーベリーの育て方

ブルーベリーの育て方です。ブルーベリーは11月~12月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~9月です。果梗部のつけ根まで濃い藍色に色づいたら収穫します。果実には目によいとされるアントシアニンが豊富に含まれています。
果樹の育て方

ポポーの育て方

ポポーの育て方です。ポポーは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。果皮が黄緑色になって柔らかくなった頃に収穫します。果肉はクリーム状で濃厚な甘みがあります。受粉樹を混植するとよく結実します。
果樹の育て方

ミカンの育て方

ミカン(蜜柑)の育て方です。ミカンは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。果皮がオレンジ色に色づいた頃に収穫します。栽培適地は温暖な地域です。温暖な地域以外で栽培する場合は熟期の早い品種を選びます。
果樹の育て方

モモ、ネクタリンの育て方

モモ(桃)、ネクタリンの育て方です。どちらも12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~8月です。果実が色づいて、よい香りがしてきたら収穫します。ネクタリンはモモの変種です。果皮に毛がないので、果実は皮ごと食べられます。
果樹の育て方

ヤマブドウの育て方

ヤマブドウ(山葡萄)の育て方です。ヤマブドウは3月または11月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~11月です。十分に果実が色づいた頃に収穫します。栽培適地は北海道や東北地方などの冷涼な地域です。結実には受粉用の雄木が必要です。
果樹の育て方

ヤマモモの育て方

ヤマモモは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月です。果実が暗赤紫色に色づいた頃に収穫します。実生苗だと結実までに15年以上もかかるので、必ず接木苗を購入します。結実には受粉用の雄木が必要です。
果樹の育て方

ユズ、スダチ、カボスの育て方

ユズ(柚子)、スダチ(酢橘)、カボスの育て方です。いずれも3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は8月~12月です。ユズは果実が黄色くなる前、緑色の頃から収穫できます。スダチ、カボスは果実が緑色のうちに収穫します。
果樹の育て方

ユスラウメの育て方

ユスラウメの育て方です。ユスラウメは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月です。果実の色が濃くなったら収穫します。果実はサクランボのような味がします。受粉樹がなくてもよく結実します。白い果実をつける白実種もあります。
果樹の育て方

ラズベリー、ブラックベリーの育て方

ラズベリー、ブラックベリーの育て方です。どちらも11月または3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。ラズベリーは花托から果実が離れるようになった頃、ブラックベリーは果実が色づいてやわらかくなった頃に収穫します。
果樹の育て方

リンゴの育て方

リンゴの育て方です。リンゴは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は8月~11月です。十分に色づいた果実から収穫します。一部の品種を除き、受粉樹が必要です。北海道から九州まで栽培できます。
果樹の育て方

レモンの育て方

レモンの育て方です。レモンは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~3月です。緑色(グリーンレモン)のうちから収穫できます。レモンは四季咲き性で、花は5月から10月にかけて3回咲きます。受粉樹は不要です。