ヤマモモの育て方

ヤマモモの写真
ヤマモモは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月です。果実が暗赤紫色に色づいた頃に収穫します。実生苗だと結実までに15年以上もかかるので、必ず接木苗を購入します。結実には受粉用の雄木が必要です。

栽培カレンダー

ヤマモモの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 ヤマモモ
科名 ヤマモモ科
分類 常緑樹
結実年数 4~5年
受粉樹 必要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。関東地方南部以西の温暖な地域での栽培に適する。適正な土壌pHは4.5~5.5。
花芽分化 7~8月頃。花芽は純正花芽。
植付時期 3月下旬から4月上旬
収穫時期 果実が緑色から暗赤紫色に色づいた頃。

おすすめの品種

森口 果重10g。酸味少ない。食味に優れる。収穫は6月。
瑞光 果重8g。酸味が強く、果実酒に向く。収穫は6~7月。

生態・特徴

ヤマモモの果実は直径1.5~2cmくらいの球形で、生食のほか、果実酒やジャムなどに利用される。果樹として栽培するなら、森口、瑞光などの大果の品種がおすすめ。ヤマモモは関東地方南部以西の温暖な地域での栽培に向く。

ヤマモモは雌雄異株で、雌木と雄木がある。雌木だけでは結実できないので、受粉用の雄木が必要だが、雄木の花粉は風媒によって遠くまで飛散するので、近所に雄木があれば、雄木を植える必要はない。近所に雄木がない場合や、確実に着果させる場合は雄木を混植する。

ヤマモモの育て方

植え付け・肥料

苗木の植え付けは3月下旬から4月上旬頃に行う。苗木は高さ50~60cmで切り返して植える。ヤマモモは大木になるので、植え付け場所はよく考えて決める。実生苗だと開花結実するまでに15年以上要するので、必ず接木苗を購入する。ヤマモモは根に共生している根粒菌が栄養分を供給するため、特に肥料を与える必要はない。

摘果

隔年結果を防ぐため、生理落果後の5月中旬以降に葉5枚あたり1果を目安に摘果を行う。

収穫

収穫は果実が緑色から暗赤紫色に色づいた頃に行う。果実の熟期にはバラつきがあるので、熟したものから順次収穫する。

剪定

剪定は2月上旬から3月下旬頃に行う。枝は年3回、春・夏・秋に伸びる。花芽は新梢(主に春枝)の葉腋につく。剪定では枝の込み合う部分などを間引く、間引き剪定を主体にする。仕立て方は開心自然形などが向く。

酸味少なく甘い大実品種 山桃(ヤマモモ)秀光 1年生 接ぎ木 苗