ヤーコンの栽培方法・育て方

ヤーコンの栽培時期

ヤーコンは4~5月に苗を植え付けて栽培します。株間は50~70cmです。追肥は不要です。収穫時期は10~11月です。地上部を刈り取って、スコップを使って芋を掘り出します。葉をお茶に利用する場合は、霜が降りる前に葉を摘み取って、乾燥させてから利用します。

ヤーコンの栽培カレンダー

植え付け(関東) 収穫

スポンサーリンク

ヤーコンの基本情報

名称 ヤーコン
科名 キク科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。過湿には弱い。適正な土壌pHは5.0~6.0。
発芽適温 15~23℃
生育適温 15~23℃。25℃以上になると生育は停滞する。
植付時期 4月下旬から5月中旬
収穫時期 10月下旬から11月下旬頃。霜が降りる前。
連作障害 あり(2~3年)
プランター 幅65cm、奥行き40cm、深さ40cm程度ある深型プランターで2株

生態・特徴

  • ヤーコンは南米アンデス地方原産のキク科の多年草で、草丈は1.5~2mほどになる。

  • 地中にできる塊根を食用とし、サラダや炒め物、漬け物などに利用する。塊根には甘味があり、生でも食べられるのが特徴。

  • 葉は摘み取って乾燥させれば、ヤーコン茶として利用できる。

  • 塊根の付け根にできる小さな塊茎は、翌年の種芋として利用できる(塊根は芽がないため種芋には利用できない)。

苗の植え付け

  • 苗の植え付けは4月下旬から5月中旬頃に行う。

  • ヤーコンは草丈が高くなるので、植え付け場所に注意する。強風の当たらない場所で、なおかつ、他の野菜の成長の邪魔(日当たりなど)にならない場所を選び、幅60cm、高さ10cmの畝を立てて、株間50~70cmで植え付ける。

種芋(塊茎)から育てる場合

  • 種芋(塊茎)から育てる場合は、種芋の芽を上にして、ポットに植え付け(覆土1cm)、本葉4~5枚になったら定植をする。育苗日数は30~45日程度。

  • 種芋は芽をつけて、10~20g程度に切り分けたものを用いる。

追肥

  • 追肥は必要ない。

収穫

  • 塊根(芋)の収穫は10月下旬から11月下旬頃、霜が降りる前に行う。

  • 地上部を刈り取り、スコップを株の周囲に入れて掘り上げる。収穫が遅れると、裂開しやすくなる。

  • 葉をお茶に利用する場合は、霜が降りる前に葉を摘み取り、乾燥させてから利用する。

保存方法

  • 塊根を保存する場合は、ポリ袋に入れて、5~10℃くらいの冷暗所に置く。

  • 塊茎の場合は、塊根と同じく冷暗所に置いておくか、地中に埋めておく。

ヤーコンのプランター栽培

  • 幅65cm、奥行き40cm、深さ40cm程度ある深型プランターを使用して、株間30cm、2株を栽培する。

  • 培養土の袋をつかった袋栽培もできる。

リッチェル 菜園上手 ジャンボ 65型
リッチェル
幅655x奥行390x高さ425 容量72L

ヤーコンのおすすめ品種

サラダオカメ
佐藤政行種苗
糖度が高く甘い。サラダにして食べるのがおすすめ。
アンデスの雪
国華園
ヒビが入りにくい品種。塊根肉色は白くて美しい。
ヤーコン(新特産シリーズ)
月橋 輝男
機能性から品種、栽培法、食べ方まで、「ヤーコン」の魅力を1冊に。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
シェアする
家庭菜園と実のなる木