ウドの栽培方法・育て方

ウドの栽培時期

ウドは4~5月に根株を植え付けて栽培します。株間は50~60cmです。肥料は毎年、6~7月に施します。草丈が1mになったら摘心して倒伏を防ぎます。収穫時期は4~5月(2年目以降)です。萌芽前、根株の上に20~30cmの盛土をして、盛土から若茎が出てきたら切り取って収穫します。

ウドの栽培カレンダー

植え付け(関東) 収穫(2年目以降)

ウドの基本情報

名称 ウド
科名 ウコギ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。夏に冷涼な気候を好む。乾燥に弱い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温
生育適温 17~18℃。25℃以上や15℃以下では生育が悪くなる。
植付時期 4月中旬から5月上旬
収穫時期 若茎が30cm程度伸びた頃。

生態・特徴

  • ウコギ科の多年草。

  • ウド(独活)は春に萌芽した若茎を採取して、和え物や炒め物などに利用する。

  • 成長すると、大きいものでは草丈2m以上になる。

  • 冬になると、地上部は枯れるが、地下部は越冬し、春になると再び芽を出す。

  • スーパーなどでよく見かける、全体が白いウドは、遮光した暗室の中で萌芽・伸長させたもの。

根株の植え付け

  • 植え付けは4月中旬から5月上旬頃に行う。

  • 1株1芽に切り分けた根株を、株間50~60cm、覆土5cmで植え付ける(芽は上にする)。

  • 植え付け1年目は根株を養成し、2年目の春から収穫する。

肥料

  • 毎年、6月から7月の間に肥料を施し、併せてかるく土寄せをする。

  • 根株の充実が悪くなるので、8月以降は肥料を施さない。

摘心・枯れた茎葉の刈り取り

  • 草丈が1mになったら先端を摘心して倒伏を防ぐ(摘心芽は食べられる)。

  • 晩秋、茎葉が枯れたら刈り取る。

収穫

  • 萌芽前、根株の上に20~30cm程度の盛土(土のかわりに籾殻を使用してもよい)をする。

  • 萌芽して若茎が盛土から出てきたら、株元から切り取って収穫をする。

  • 収穫後は盛土を除去し、新たな芽(収穫後に出てくる)を伸ばして株を養成する。1株からいくつもの芽が伸びてきた場合は、1本に間引く。

株の増やし方

  • 株を増やす方法には、根株を分割する方法(株分け)や挿し木で増やす方法などがあるが、一般的なのは根株を分割する方法。

  • 根株を分割する場合は、大きくなった根株を萌芽前に掘り出し、ノコギリなどを使って、1株1芽に切り分ける。

  • 挿し木で増やす場合は、用土を入れたポットを用意し、節ごとに切ったウドの茎を3分の2程度、土に挿し込む(茎を逆さにしないようにする)。土を乾燥させないようにして、地温18℃前後で保温して育てると、1ヶ月ほどで発根する。本葉が3~4枚になったら、植え付ける。

ウドのおすすめ品種

ヤマウド
ノーブランド品
育つと約2メートルほどになります。
ヤマウド(新特産シリーズ)
小泉 丈晴
生理生態、品種、栽培技術、経営、病害虫防除から調理や加工・販売までを網羅。