つくね芋の栽培方法・育て方【粘りが強い塊形の芋】

つくね芋栽培のまとめ

つくね芋は4~5月に種芋を植え付けて栽培します。株間は30cmです。蔓を地表に這わせる無支柱栽培をすれば、土壌の乾燥防止に効果があります。1株から複数の芽が伸びてきたときは、芽かきをして1本にします。追肥は8月上旬までの間に2~3回施します。収穫時期は10~12月です。地上部が枯れてきたら、芋を掘り取ります。

栽培カレンダー

つくね芋の栽培カレンダー

植え付け(関東) 収穫

種芋 伊勢イモ 1kg
国華園
アクがないのにじねんじょに匹敵する粘りを持つ逸品。
種芋 新丹丸 1kg
国華園
高級贈答品として有名な「丹波いも」を選抜改良。

基本情報

名称 ツクネイモ
科名 ヤマノイモ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。乾燥に弱い。適性な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 17~25℃
生育適温 20~25℃
植付時期 4月中旬から5月中旬
収穫時期 地上部が枯れてきた頃。
連作障害 あり(3~4年)
収穫量

畝幅・畝の高さ・株間・条間

畝幅 60~100cm(1条)
畝の高さ 10~20cm
株間 30cm

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

生態・特徴

  • つくね芋はヤマノイモ科ヤマノイモ属に属する、つる性の多年草。

  • つくね芋は形状が塊形・丸形の芋で、粘りが非常に強いのが特徴。地方品種には伊勢いも、丹波山の芋、大和芋、加賀丸芋などがある。

  • ヤマノイモ科ヤマノイモ属に属する芋は、ほかに自然薯、長芋、銀杏芋(イチョウイモ)などがある。

  • つくね芋は長芋と比べると、ムカゴの着生が非常に少ない。

長芋の栽培方法・育て方【蔓につくムカゴも食べられる】
長芋は4~5月に種芋を植え付けて栽培します。株間は30cmです。植え付け後、支柱を立てて、蔓が伸びてきたら誘引します。1株から複数の芽が伸びてきたときは、芽かきをして1本にします。追肥は8月上旬までの間に2~3回施します。収穫時期は10~12月です。地上部が枯れてきたら、芋を折らないように掘り取ります。

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、深さ40cm程度耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。その際、芋が変形する原因となる、石などを取り除いておく。

  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

種芋(切り芋)の植え付け

  • 種芋の植え付けは4月中旬から5月中旬頃に行う。

  • 種芋をミカン切りして(頂芽部は切り捨てる)、1片あたり50~80gに分割し、風通しの良い場所で切り口を乾燥させたもの(切り芋)を植え付けに使用する。

  • 植えるときは、切り口を上にして植え付ける。覆土は5~6cmにする。芽が出るまでには、2~4週間ほどかかる。

  • 収穫する芋は、毎年、種芋を養分にして新しく形成される(種芋は大きくならない)。

支柱立て

  • つくね芋を栽培する場合、支柱を立てないで、つるを地表に這わせて栽培してもよい(無支柱栽培)。無支柱栽培をすれば、土壌の乾燥防止に効果がある。

  • 支柱を立てて栽培する場合は、1m程度の短い支柱を一定間隔で立てて、横方向に麻ひもなどを張る。つるが伸びてきたら、支柱につるを誘引する。

台風にも耐える頑丈な支柱の組み方
ツルもの野菜などのために園芸支柱を組むときは、紐のかわりに、針金(番線でも可能)を使って支柱同士を縛ると、台風にも耐える、頑丈で耐久性のある組み方ができます。その手順を写真で説明します。

芽かき

  • 1個の種芋から複数の芽が伸びたときは、芋の肥大が悪くなるので、1本を残して他の芽を摘み取る。

追肥

  • 追肥は6月中・下旬頃に施す。その後、8月上旬までに1~2回、追肥を施す。

敷きワラをして乾燥を防ぐ

  • 梅雨明け後、敷きワラをして、土壌の乾燥を防ぐ。高温期になったら定期的に水やりを行う。

収穫

  • 収穫は地上部が枯れてきた頃に行う。

  • 株の周囲にスコップを入れて土を崩し、芋を掘り取る。

  • 保存する場合は、芋をポリ袋に入れて、3~5℃くらいの冷暗所に置く。温暖な地域では、掘り出さないで、畑で越冬させることもできる。

プランター栽培

  • 鉢で栽培する場合は、直径と深さが30cm程度あるプランターを使用して、1株を栽培する。

  • プランターで栽培する場合は、幅70cm、深さ30cm程度ある大型のプランターを使用して、2株を栽培する(株間30cm)。