ビーツ(ビート)の栽培方法・育て方|ボルシチには欠かせない

ビーツの写真

栽培の概略ビーツ(ビート)は3月~4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。根の直径が5~6cmの頃に収穫します。煮込み料理のボルシチには欠かせない食材です。

スポンサーリンク

ビーツの栽培カレンダー

ビーツの栽培カレンダー

種まき(関東) 収穫

ビーツの基本情報

名称 ビーツ
科名 ヒユ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。寒さには強いが、暑さには弱い。適正な土壌pHは5.8~7.0。
発芽適温 15~25℃
生育適温 15~21℃。23℃以上になると生育が悪くなる。
種まき時期 春まきは3月下旬から4月上旬、秋まきは8月下旬から9月上旬
収穫時期 根の直径が5~6cmの頃。播種後70日程度。
連作障害 あり(1~2年)

畝幅・畝の高さ・株間・条間

畝幅
畝の高さ 10cm
株間 10~15cm
条間 20cm

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 150g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2

おすすめの種・苗

ビーツ デトロイトダークレッド
日光種苗
中まで深紅色に着色し色鮮やか、栄養も豊富。

生態・特徴

  • 地中海沿岸地方原産。

  • ビーツは肥大した根を食用にする。根は濃赤色で、断面に年輪状の縞模様が見えるのが特徴。煮込み料理(ウクライナ料理のボルシチが有名)のほか、サラダなどにも利用される。若い葉も食用になる。

  • 別名、テーブルビート、カエンサイ(火焔菜)ともいう。

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

種まき

  • 種まきは3月下旬から4月上旬頃(春まき)と8月下旬から9月上旬頃(秋まき)に行う。

  • ビーツの種は種球と呼ばれ、1つの種から数本の芽が出てくる。

  • 深さ1cmのまき溝を作って種をすじまきにする。発芽後、順次間引いて、本葉5~6枚になったら所定の株間にする。

  • 種は一晩、水につけておくと発芽しやすくなる。

追肥

  • 追肥は本葉5~6枚の頃に施し、株元に軽く土寄せをする。

収穫

  • 収穫は根の直径が5~6cmになった頃に行う。播種後70日程度が目安。

  • 収穫が遅れると、硬くなり食味が低下する。

鉢・プランター栽培

  • 深さが30cm程度あるプランターを使用する。

  • 2条まきにするときは条間10~15cmにする。