シュンギクの育て方

シュンギクの写真
栽培の概略シュンギクは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。生食に適したサラダ用の品種もあります。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

シュンギクの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称表記シュンギク、春菊
科名キク科
草丈30cm
栽培環境日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。適正な土壌pHは5.5~6.5。
発芽適温15~20℃。発芽温度は10~35℃。
生育適温15~20℃。27~28℃以上は生育が悪くなる。本葉が展開していれば0℃でも枯死しない。
収穫時期草丈20~25cmの頃。4~5月まきでは播種後35~40日程度。
株間抜き取り品種では5~8cm、摘みとり品種では10~15cm。
覆土5mm(好光性種子)
連作障害あり(1~2年空ける)
収穫量の目安1株当り300~400g

主な品種

さとゆたか 病気に強く、側枝の出も良い。摘みとり栽培に適している。
大葉春菊 暑さ・寒さに強く長期収穫可能。大葉で葉肉は厚く柔らか。
菊次郎 分枝性の良い中葉の株張り種。葉柄がしなやかで折れにくい。
きわめ中葉春菊 耐寒性に優れた中葉の摘みとり種。側枝の発生が多い。

生態・特徴

  • シュンギクには収穫方法が2種類あり、一つは収穫時期になったら、株ごと根元から引き抜き収穫する「抜き取り収穫」で、もう一つは本葉数枚を残して収穫して、残した葉から伸び出るわき芽を摘みとり収穫する「摘みとり収穫」。
  • それぞれの収穫方法に適した品種がある。
  • シュンギクは気温が高くなると、とう立ちしやすくなるので、家庭菜園では春まきと秋まきが栽培しやすい。
  • 春まきでは栽培期間が短いので、抜き取り収穫をするとよい。

シュンギクの育て方

種まき・追肥

  • 種まきは3~5月(春まき)と9~10月(秋まき)に行う。
  • 種は発芽率が50%と低いので多めにまき、発芽後、本葉1~2枚から間引きはじめ、本葉4~5枚で1箇所1本になるよう間引く。
  • 追肥は本葉4~5枚の頃に施す。

収穫

  • 草丈が20~25cmになったら、抜き取り型(株張り型)の品種は株ごと引き抜いて収穫する。
  • 摘みとり型の品種は下葉4~5枚を残して摘みとる。
  • 残した葉からは、わき芽が伸びてくるので、わき芽が成長したら葉を2枚残して摘みとって収穫し、以後同様に、伸びたわき芽を収穫していく。
  • 収穫後には追肥を施し、株の再生を促す。

採種

  • シュンギクは開花から40日程度で種子が充実し、1花あたり300~400粒ほど採種できる。
  • 種子は採種後2~3ヶ月程度の休眠期間があるため、使用するときは休眠期間が終わってから使用する。

プランター栽培

  • 幅60cmのプランターで条間10~15cmの2条まきが目安。
楽天市場で種・苗を探す 新感覚! 生で美味しいサラダ用しゅんぎく 【種子】サラダ春菊 30ml