生姜の栽培方法・育て方|夏に収穫すれば葉生姜として利用できる

生姜の写真

栽培の概略生姜は4月~5月に種生姜を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月と10月~11月です。夏に収穫すれば葉生姜として、秋に収穫すれば根生姜として利用できます。特有の辛味があります。

スポンサーリンク

生姜の栽培カレンダー

生姜の栽培カレンダー

植え付け(関東) 収穫

生姜の基本情報

名称 ショウガ
科名 ショウガ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。乾燥や寒さに弱い。適正な土壌pHは5.5~6.0。
発芽適温 15℃以上で萌芽する。
生育適温 25~30℃。生育限界は15℃。
植付時期 4月下旬から5月中旬
収穫時期 葉生姜は7月上旬から8月下旬頃、葉が5~6枚になった頃。根生姜は茎葉が黄色くなってきた頃。
連作障害 あり(4~5年)
収穫量 1株あたり塊茎300~400g(小生姜)

畝幅・畝の高さ・株間・条間

栽培スペース 幅60~70cm(1条)の栽培スペースが必要。水はけのよい畑なら畝は立てなくてよい。
株間 30cm

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 溝施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの種・苗

種生姜 近江生姜 10kg
サンフレッシュ
大生姜。繊維質が多く、辛みが強いのが特徴。

生態・特徴

  • 生姜(ショウガ)は高温多湿を好む熱帯性の香辛野菜。

  • 食用にするのは茎元が肥大した塊茎で、特有の辛味があり、香辛料のほか、漬物、煮物などに利用される。

  • 生姜は夏に若い塊茎を引き抜けば、葉生姜として利用でき、秋に肥大した塊茎を掘り出せば、根生姜として利用できる。

  • 生姜は塊茎の大きさによって、小生姜、中生姜、大生姜に分けられる。小生姜は塊茎の重さが300~500gくらいで、芽数が多く、辛味が強い。大生姜は塊茎の重さが800~1000gくらいで、芽数は少なく、辛味は弱い。中生姜はその中間。用途としては、小生姜は葉生姜に適し、大生姜は香辛料や薬味、漬物などに適している。

土作り

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

  • 畝は立てなくてよい。

  • 元肥は植え付け時に施す。

種生姜の植え付け

  • 種生姜の植え付けは4月下旬から5月中旬頃に行う。

  • 種生姜は3~4日、日に当てると芽が出てくるので(芽出し)、芽の出た種生姜を使用する。

  • 種生姜は、2~3芽つけて、50~100g程度に分割する(小生姜は50g、中・大生姜は100g)。分割したら、2~3日、陰干して断面を乾燥させる。

  • 栽培スペースの中央に幅15cm、深さ20cm程度の溝を掘り、溝に元肥を投入し(溝施肥)、土を10cm程度かぶせる。その上に種生姜を置いて(芽は上にする)、溝が埋まるまで土をかぶせる。覆土は5~6cmにする。

  • 植え付けてから芽が伸びてくるまでには1ヶ月ほどかかる。

追肥・土寄せ

  • 追肥は本葉2~3枚の頃とその1ヵ月後に施し、一緒に土寄せをする。

  • 種生姜の上に新しい生姜ができるので、地上に肥大した生姜が飛び出ないように、1回目は3cm程度、2回目は5cm程度の土寄せをする。

敷きワラをして土を乾燥させない

  • 生姜は乾燥に弱いので、夏場は株元に敷きワラなどをして、土を乾燥させないようにする。

  • 水やりはこまめに行う。水不足になると、葉が巻くことがある。

葉生姜を収穫する場合

  • 葉生姜の収穫は7月上旬から8月下旬頃、葉が5~6枚になった頃に行う。

  • 株ごと引き抜いて収穫する。

  • 塊茎についている、植え付けたときの種生姜(ひね生姜という)も薬味などに利用できる。

根生姜を収穫する場合

  • 根生姜の収穫は、茎葉が黄色くなってきた頃に行う。

  • 株の周囲にスコップを入れて、株を掘り上げる。

  • 生姜は寒さに弱いので、霜が降りるまでに収穫を終えるようにする。

  • すぐに食べない場合は、新聞紙などで包んで、13~15℃を保てる暗所で保存する。

鉢・プランター栽培

  • 直径と深さが30cm以上ある鉢に種生姜1~2個を植え付ける。

  • 生育中に増し土(土寄せ)をするため、その分のスペースを空けておく。