スモモ、プルーンの育て方

スモモの写真
スモモ、プルーンは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~9月です。完熟して果肉がやわらかくなった頃に収穫します。収穫が早いと酸味が残ります。自家結実性のない品種では受粉樹が必要です。

栽培カレンダー

スモモとプルーンの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 スモモ / プルーン
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 3~4年
受粉樹 日本スモモは必要(一部を除く)、西洋スモモは不要(一部を除く)。
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。暑さや寒さに強く、全国的に栽培可能。
花芽分化 7~8月頃。花芽は純正花芽。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 果肉がやわらかくなるまで完熟させてから収穫する。

おすすめの品種

彩の姫 日本スモモ。果重100~120g。食味良好。1本でも結実する。収穫は7月。
サンタローザ 日本スモモ。果重100~150g。1本でも結実する。収穫は7月。
貴陽 日本スモモ。果重200g。収穫は7~8月。
スイートサン 西洋スモモ。果重40g。1本でも結実する。甘みが強い。収穫は9月。

生態・特徴

スモモの栽培種には大きく分けて、日本スモモと西洋スモモがある。西洋スモモはプルーンとも呼ばれる。果実は生食のほか、ジャムや果実酒などに利用される。スモモは暑さや寒さに強く、全国的に栽培可能だが、成熟期に雨が多いと裂果しやすくなるので、その時期に雨が少ない地域が栽培に適している。

日本スモモは自家結実性の品種が少ないため、一部の品種を除き、受粉樹が必要。受粉樹に適しているのは、ビューティーやサンタローザなど。メスレーは自家結実性は強いが、他品種との相性が悪く、受粉樹には適さない。ウメやアンズ、モモでも受粉は可能。

西洋スモモ(プルーン)は自家結実性のある品種が多く、一部の品種を除き、受粉樹は必要ない。自家結実性のない品種を植える場合、受粉樹には開花が早く、他品種とも親和性が高い、シュガーが適している。なお、自家結実性のある品種でも、他品種を混植したほうが、結実率は高くなる。西洋スモモは一般に日本スモモより開花時期が遅く、1週間から10日程度遅れて開花する。

プルーンの写真

スモモ、プルーンの育て方

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月上旬から3月下旬頃に行う。苗木は高さ50~60cmで切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料、収穫後の9月に化成肥料を与える。

受粉

自家結実性のない品種では、開花したら、異なる品種の花粉を筆先などにつけて、雌しべにすりつける人工授粉を行う。

摘果

摘果は2回に分けて行う。最初の摘果は、花の満開後30日頃に行い、上向きのものや発育不良果、病害虫果などを取り除く。2回目の摘果は満開後50~60日頃に行い、最終的に小果の品種は5cm間隔に1果、中果の品種は8cm間隔に1果、大果の品種(サンタローザなど)は10~15cm間隔に1果を残す。

収穫

果実が色づいて、やわらかくなるまで完熟させてから収穫を行う。収穫が早すぎると酸味が残る。

剪定

剪定は12月上旬から2月下旬頃に行う。花芽は短果枝によくつく。剪定では込み合った部分の枝を間引き、樹冠内部までよく日が当たるようにする。長く伸びた枝は先端1/3くらいを切り返し、短果枝を多く発生させるようにする。仕立て方は日本スモモの場合、開心自然形や棚仕立て(開張しやすい品種が適している)が向く。西洋スモモの場合は、主幹形や変則主幹形が向く。

アメリカンチェリーとプラムを交配した品種 バイオチェリー 接ぎ木 果樹苗