セージの育て方

セージの写真
栽培の概略セージは4月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~10月です。随時、若い葉から摘み取って収穫します。肉料理などによく用いられるハーブです。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

セージの栽培カレンダー
種まき(関東) 開花 収穫(葉・花)

基本情報

名称表記 セージ
科名 シソ科(常緑低木)
草丈 30~80cm
利用部位 葉、花
栽培環境 日当たりがよく、水はけの良い場所で育てるのが良いが、やや日陰でも育つ。寒さには強く、戸外でも越冬する。
発芽適温 20~25℃
生育適温 15~20℃
種まき時期春まきは4月上旬から5月下旬、秋まきは9月下旬から10月上旬
収穫時期 草丈が30cmくらいになったら、若い葉から摘み取って収穫。保存用にする場合は、開花直前に刈り取って、日陰で乾燥させる。
株間 30~40cm
覆土 種が隠れる程度に薄く

主な品種

コモンセージ セージの代表種。花は紫色のほか白色がある。
パイナップルセージ パイナップルの香り。花色は真紅。寒さにやや弱い。
クラリーセージ 草丈1~2mになる二年草。花穂が大きい。
チェリーセージ 甘いフルーツの香り。花色は赤・白・桃・オレンジ。
ゴールデンセージ コモンセージの変種。葉には黄色の斑が入る。
パープルセージ コモンセージの変種。新葉が紫色になる。料理にも向く。

生態・特徴

  • 地中海沿岸が原産のサルビアの仲間。
  • 葉には強い芳香とほろ苦さがあり、肉の脂肪分を中和する働きがあるので、肉料理などによく用いられる。
  • 一般にセージと呼ばれるのは薬効成分の高いコモンセージで、和名はヤクヨウサルビアという。
  • セージは種類が豊富で、一般的なコモンセージのほか、新葉が紫色になるパープルセージや、パイナップルの香りがするパイナップルセージなどがある。
  • セージは一度、植えつけると、毎年収穫ができるが、年々、株が木質化して衰弱してくるので、4年に1回を目安に、春か秋に挿し木などで株を更新する。

セージの育て方

種まき・植え付け・肥料

  • 種まきは4月上旬から5月下旬頃(春まき)と9月下旬から10月上旬頃(秋まき)に行う。
  • ポットに種を3~4粒まいて、発芽後、芽がでたら順次間引いて、本葉5~6枚になったら定植をする。
  • 発芽には2週間ほどかかる。
  • 同時期に市販される苗を植えつけてもよい。
  • 肥料は毎年、春と秋に与える。

収穫

  • 草丈が30cmくらいになったら、随時、若い葉から摘み取って収穫する。
  • 保存用にする場合は、開花する直前に刈り取って、日陰で乾燥させてから密閉容器などに保存する。
  • 花はサラダのトッピングに利用できる。
  • 高温多湿には弱いので、梅雨時期には蒸れないよう、収穫を兼ねて枝を間引いて風通しをよくしておく。

冬越し

  • セージは耐寒性があり、戸外でも越冬できるが、寒冷地では庭植えの場合、株元をワラで覆うなどの防寒対策をするとよい。
  • 鉢植えの場合は室内に入れる。

増やし方

  • セージは挿し木で増やすことができる。
  • 挿し木をする場合は、春か秋に若い枝先を7~8cm切り取り、下葉を落として土に挿しておくと20日ほどで発根する。

コンテナ栽培

  • プランターで栽培する場合は、幅60cmのプランターで2株、7号鉢で1株が目安。