サヤインゲンの栽培方法・育て方|つるが短いつるなし種もある

サヤインゲンの写真

栽培の概略サヤインゲンは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~8月です。さやの長さが12cm以上になったら収穫します。つるあり種とつるなし種がありますが、つるあり種のほうが収穫期間は長めです。

スポンサーリンク

サヤインゲンの栽培カレンダー

[つるあり種]

サヤインゲンの栽培カレンダー

種まき(関東) 収穫

サヤインゲンの基本情報

名称 サヤインゲン
科名 マメ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。乾燥や過湿に弱い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 20~23℃
生育適温 15~25℃。30℃以上は落花が多くなる。
種まき時期 4月下旬から5月上旬
収穫時期 開花後10~15日程度、さやの長さが12cm以上になった頃。
連作障害 あり(2~3年)
収穫量 1株あたり20莢

畝幅・畝の高さ・株間・条間

畝幅 60cm(1条)
畝の高さ 10cm
株間 30cm

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)50g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの種・苗

れんたろう
サカタのタネ
つるなし。丸莢。長さは12~14cm。短期間にたくさん莢がつく。
マンズナル
佐藤政行種苗
つるあり。平莢。長さは20cm、巾2.5cmの超巾広。大莢でもやわらかい。

生態・特徴

  • 若いインゲンをサヤごと食べるのがサヤインゲン。

  • つるあり種とつるなし種(矮性種)があるが、収穫期間はつるあり種のほうが長い。

  • マメ科の植物は根に共生する根粒菌が窒素分を供給するので、窒素肥料は控えめにする。窒素肥料を多く与えると、枝葉ばかりが成長して、実がつきにくくなる。

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

  • 畝を立てたら、マルチ(黒マルチ)を張る。

種まき・苗の植え付け

  • 種まきは4月下旬から5月上旬頃に行う。

  • 種は1箇所3粒の点まきにする(覆土1~2cm)。初生葉(しょせいよう)が出たら、2本になるよう間引く(2本立ち)。

  • サヤインゲンは子葉展開後、1対の初生葉が出て、そのあとに、小葉3枚からできている本葉が出る。

  • ポット育苗の場合は、本葉1~2枚になったら、2本立ちのまま定植をする。育苗日数は20日前後。

支柱立て

  • つるあり種はつるが伸びてきたら2m程度の支柱を立てる。

  • つるなし種は倒伏防止のため、短い支柱を立てる。

台風にも耐える頑丈な支柱の組み方
ツルもの野菜などのために園芸支柱を組むときは、紐のかわりに、針金(番線でも可能)を使って支柱同士を縛ると、台風にも耐える、頑丈で耐久性のある組み方ができます。その手順を写真で説明します。

追肥

  • 追肥は開花した頃に施し、以後2週間に1回施す。

収穫

  • 収穫はさやの長さが12cm以上になった頃に行う。開花後10~15日程度が目安。

鉢・プランター栽培

  • 鉢・プランター栽培をする場合は、つるなし種が育てやすい。

  • 直径と深さが30cm以上ある鉢を使用する。

  • 1箇所に種をまいて、2本立ちで栽培する。