ササゲの育て方

ササゲの写真
栽培の概略ササゲは4月~7月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~9月です。種子が少し肥大した頃に収穫します。ササゲは盛夏でも旺盛に生育するマメ科の野菜です。長さ30~60cmにもなる若サヤを食用にします。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

[若サヤを利用する品種]
ササゲの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称表記 ササゲ
科名 マメ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。暑さには強いが、寒さには弱い。インゲンよりも耐暑性は強い。適正な土壌pHは6.0~7.0。
発芽適温 20~25℃
生育適温 20~30℃。10℃以下は生育が停止する。
種まき時期 4月下旬から7月上旬
収穫時期 若サヤを利用する品種は、開花10~15日後の種子が少し肥大した頃。播種後80日前後から。種子を利用する品種は、サヤが枯れた頃。
連作障害 あり(2~3年)

植付間隔

畝の大きさ 幅60cm(1条)、高さ10cm
株間 30~40cm

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)50g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2

おすすめの品種

けごんの滝 サヤの長さは40~60cm。病気に強く多収。
十六ささげ サヤの長さは30cm以上。愛知の伝統野菜。
楽天市場で種・苗を探す けごんの滝十六ささげ

生態・特徴

  • 熱帯アフリカ原産。
  • マメ科の中でも特に高温と乾燥に強く、盛夏でも旺盛に生育する。
  • 若サヤはサヤインゲンと同じように煮物、和え物などに利用し、乾燥させた種子は赤飯などに利用する。
サヤインゲンの育て方
サヤインゲンの育て方です。サヤインゲンは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~8月です。さやの長さが12cm以上になったら収穫します。つるあり種とつるなし種がありますが、つるあり種のほうが収穫期間は長めです。
  • ササゲには、若サヤを利用する品種と乾燥させた種子を利用する品種がある。
  • 若サヤを利用する品種には、サヤが長く伸びる、三尺ササゲや十六ササゲなどがあり、種子を利用する品種には、金時ササゲ、小豆ササゲ、ウズラササゲなどがある。
  • マメ科の植物は根に共生する根粒菌が窒素分を供給するので、窒素肥料は控えめにする。
  • 窒素肥料を多く与えると、枝葉ばかりが成長して、実がつきにくくなる。

ササゲの育て方

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。
  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。
  • 畝を立てたら、マルチ(黒マルチ)を張る。

種まき・植え付け

  • 種まきは4月下旬から7月上旬頃に行う。
  • 植え傷みしやすいので、通常は直まきする。
  • 種は1箇所3粒の点まきにする(覆土1~2cm)。
  • 本葉(小葉3枚からなる複葉)が出たら、2本になるよう間引く(2本立ち)。
  • ポット育苗の場合は、本葉3~4枚になったら、2本立ちのまま定植をする。
  • 育苗日数は20~30日程度。

支柱立て

  • つるが伸びてきたら、2m程度の支柱を立てる。

追肥

  • 追肥は開花した頃に施す。

収穫

  • 若サヤを利用する品種は、開花10~15日後の種子が少し肥大した頃に、ヘタをハサミで切り取って収穫する。
  • 収穫が遅れるとサヤがかたくなる。
  • 種子を利用する品種は、サヤが枯れた頃に収穫をする。

コンテナ栽培

  • 直径と深さが30cm以上ある鉢を使用する。
  • 1箇所に種をまいて、2本立ちで栽培する。
楽天市場で種・苗を探す お赤飯に定番の赤豆 本紅金時ささげの種 1DL詰