ルッコラの育て方

ルッコラの写真
栽培の概略ルッコラは3月~6月と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~7月と10月~12月です。草丈が15cm以上になったら収穫します。ピリッとした辛みとゴマの香りがするハーブです。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

ルッコラの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称表記ルッコラ
科名アブラナ科
草丈20~30cm
栽培環境日当たりの良い場所、または半日陰でも育つ。冷涼な気候を好み、寒さには強いが暑さには弱い。適正な土壌pHは6.0~7.0。
発芽適温15~20℃
生育適温15~20℃
収穫時期春・秋まきで播種後30~40日程度。草丈が15cm以上になった頃。
株間4~6cm。高温期には株間を10cmほどにする。
覆土5mm
連作障害あり(1~2年空ける)
収穫量の目安1株あたり15~20g。容量10Lのプランターで500~600g。

生態・特徴

  • ピリッとした辛みとゴマの風味をもつハーブで、若い葉をサラダや炒め物などに利用する。
  • 強い日差しをあびたり、水不足になると苦味や辛みが強くなる場合があるので、夏期は寒冷紗などで遮光する。
  • 別名をロケットともいう。
  • ルッコラは6~8月頃になると花茎が伸びて白い花を咲かせる。
  • 花も葉と同様の風味があり、食べることができるが、花が咲くと葉が硬くなるので、葉だけを利用する場合は、早めに花茎を摘みとる。

ルッコラの育て方

種まき・追肥

  • 種まきは3~6月(春まき)と9~10月(秋まき)に行う。
  • 発芽後、子葉が展開したら間引き始め、本葉4~5枚で1箇所1本になるよう間引く。
  • 追肥は草丈7~8cmの頃に施す。
  • 葉や葉柄はもろく折れやすいので、強風のあたるような場所は避けて植えるか、風よけをする。

収穫

  • 収穫は草丈が15cm以上になったら行う。
  • 株ごと引き抜くか、もしくは外側の葉から順次、必要な分だけ摘みとる。
  • 収穫後は、追肥をして成長を促す(摘み取った場合)。

プランター栽培

  • 幅60cmのプランターで条間10~15cmの2条まきが目安。