ラッカセイの育て方

ラッカセイの写真
栽培の概略ラッカセイは5月に種をまいて栽培します。収穫時期は9月~10月です。茎葉が黄変してきた頃に収穫します。ラッカセイはマメ科の野菜ですが、サヤ(マメ)は地上ではなく、地中にできます。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

落花生の栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称表記 ラッカセイ、落花生
科名 マメ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。乾燥には強いが過湿には弱い。適正な土壌pHは5.0~6.0だが、結実には石灰を必要とする。
発芽適温 20~30℃。発芽の最低温度は12℃。
生育適温 25~30℃。生育の最低温度は15℃。
種まき時期 5月
収穫時期 茎葉が黄変してきた頃。
連作障害 あり(2~3年)
収穫量の目安 1株あたり30莢

植付間隔

株間 30cm
条間 45cm(千鳥植えにしてもよい)

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)50g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2

おすすめの品種

郷の香 早生種。ゆで豆に適する。
ナカテユタカ 中生種。多収。あっさりした甘み。煎り豆やゆで豆に適する。
千葉半立 晩生種。代表的品種。コクと甘みがある。煎り豆に適する。
おおまさり 晩生種。大粒で甘みが強い。ゆで豆に適する。
楽天市場で種・苗を探す 郷の香ナカテユタカ千葉半立おおまさり

生態・特徴

  • ラッカセイはマメ科の野菜だが、サヤ(マメ)は地上ではなく、地中にできる。
  • 開花後、花のつけ根から、蔓のような子房柄(しぼうへい)が伸び出して、地中に潜り込み、その子房柄の先端が肥大してサヤになる。
  • 一般に殻つきのものはラッカセイ、殻を割って薄皮を剥いた豆はピーナッツと呼ばれる。
  • マメ科の植物は根に共生する根粒菌が窒素分を供給するので、窒素肥料は控えめにする。
  • 窒素肥料を多く与えると、枝葉ばかりが成長して、実がつきにくくなる。

ラッカセイの育て方

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(石灰分が不足すると実入りが悪くなる)。
  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、高さ10cmの畝を立てる(全面施肥)。
  • 畝を立てたら、マルチ(黒マルチ)を張る。

種まき・植え付け

  • 種まきは5月頃に行う。
  • 殻を割って種を取り出す。
  • 種は薄皮をつけたまま横向きにして、1箇所に2粒まき(覆土2~3cm)、間引かずにそのまま育てる。
  • 発芽には7~10日ほどかかる。
  • ポット育苗の場合は、本葉2~3枚になったら、2本立ちのまま定植をする。
  • 育苗日数は2週間程度。

マルチ除去・追肥・中耕・土寄せ

  • 花が咲き始めたら、マルチを除去して、追肥を施す。
  • 子房柄が地中に入りやすくなるように、中耕と土寄せをする。

収穫

  • 茎葉が黄変してきた頃に収穫を行う。
  • ためし堀りをしてみて、サヤに網目ができていれば、株ごと引き抜いて収穫をする。
  • 収穫後、株を逆さにして、1週間程度天日干しして、乾燥させる。
  • 乾燥させたサヤを摘み取り、殻を割り、フライパンで豆を煎って食べる。
  • 茹でて食べる場合は、収穫後、すぐにサヤを摘み取って水洗いし、サヤのまま塩茹でにする。
  • 塩分濃度は3%(水1Lに30gの食塩)、茹で時間は40~50分が目安。
  • 茹で豆用として収穫する場合は、煎り豆用より、少し早めに収穫するとよい。

コンテナ栽培

  • 直径と深さが30cm以上ある鉢を使用する。
  • 1箇所に種をまいて、2本立ちで栽培する。
楽天市場で種・苗を探す 薄皮が黒っぽい色をしている落花生 【 黒落花生 】種子 小袋