果樹の育て方

モモ・ネクタリンの育て方・栽培方法

モモの写真 モモ・ネクタリンの育て方・栽培方法です。関東地方を基準にした栽培の手順を紹介します。
栽培難易度 (難しい)
植え付け時期 12月(温暖地)、3月(寒冷地)
収穫時期 6月~8月
モモ・ネクタリンの栽培カレンダー
植え付け収穫開花剪定
スポンサーリンク

モモ・ネクタリンはこんな果樹

  • バラ科の落葉果樹。栽培適地は東北地方中部以南。実がなるまで3年かかる。受粉樹はモモの場合、品種によっては必要になる。ネクタリンの場合は不要。花芽分化は7~8月頃(花芽は純正花芽)。

  • ネクタリンはモモの変種。果皮に毛がなく、果実は皮ごと食べられるのが特徴。

  • 品種には、西遊記で孫悟空が食べたとされる扁平の桃『蟠桃』、花が八重咲きで美しい花桃『ひなのたき』、皮ごと食べられるネクタリンの『ファンタジア』などがある。

モモ・ネクタリンの育て方(1) 植え付け

  • モモ、ネクタリンの苗木の植え付け時期は12月(温暖地)と3月(寒冷地)。

  • 苗木は50~60cmの高さで切り返して植える。

  • モモは自家結実するが、なかには花粉が少ない品種がある。花粉が少ない品種を栽培する場合は、受粉樹として花粉の多い品種の混植が必要。

  • ネクタリンは1本でも結実するので受粉樹は不要。

  • モモ、ネクタリンは耐陰性が弱く、日陰では枝が枯れやすいので、植え付け場所には注意する。

モモ・ネクタリンの育て方(2) 摘蕾

  • 蕾がふくらんできたら摘蕾を行う。

  • 摘蕾では、上向きの蕾を取り除いて、下向きや横向きの蕾を残す。摘蕾をすることで養分の消耗を抑えて、果実の肥大を促進する。

モモ・ネクタリンの育て方(3) 人工授粉

  • モモの花粉の少ない品種では、開花したら人工授粉を行う。

  • 人工授粉は樹全体の6~7割の花が咲いた頃に行い、花粉の多い品種の花を花粉の少ない品種の花につけて受粉させる。

モモ・ネクタリンの育て方(4) 摘果

  • 摘果は満開から3~4週間後と5月中・下旬頃の2回に分けて行う。

  • 最終的に30cm以上の長果枝は2果、20cm前後の中果枝は1果、15cm以下の短果枝は5本で1果を残すようにする。

  • 摘果後、果実に袋かけをすれば、病害虫の被害や雨による裂果を防ぐことができる。

モモ・ネクタリンの育て方(5) 収穫

  • モモ、ネクタリンの収穫時期は6~8月。

  • 袋かけをした場合は、収穫の1週間前になったら袋を外し、果実を日光に当て着色させる。

  • 果実が色づいて、よい香りがしてきたら収穫をする。

モモ・ネクタリンの育て方(6) 肥料

  • 肥料は毎年、12月に有機質肥料、収穫後の9月に速効性の化成肥料を施す。

モモ・ネクタリンの育て方(7) 剪定

  • モモ、ネクタリンの剪定時期は12月上旬から2月下旬。

  • 花芽は新梢の葉腋につく(7~8月頃)。特に中果枝や長果枝に花芽がよくつく。

  • 剪定では込み合う部分の枝や徒長枝などを間引き、樹冠内部に日が当たるようにし、そのほかの枝は先端に葉芽が2~3芽残るように切り返す。モモ、ネクタリンの剪定では、よく実がつく、中・長果枝を多くつくるようにする。

  • 仕立て方は変則主幹形、開心自然形などが向く。


この記事のタグ

タイトルとURLをコピーしました