モモ・ネクタリンの育て方

栽培カレンダー

モモ・ネクタリンの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 モモ / ネクタリン
画像
モモの写真ネクタリンの写真
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 2~3年
受粉樹 不要(一部を除く)
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。寒さと乾燥には強いが、過湿には弱い。耐陰性が弱く、日陰では枝が枯れやすい。東北地方中部以南で栽培できる。適正な土壌pHは5.0~6.0。
花芽分化 7~8月頃。花芽は純正花芽。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 果実が紅色に色づき、よい香りがしてきた頃。

おすすめの品種

日川白鳳 モモ。果重200~250g。1本でも結実する。収穫は6~7月(満開後85日前後)。
なつおとめ モモ。果重300g。1本でも結実する。収穫は8月(満開後110日前後)。
蟠桃 モモ。果重200g。果実は扁平。西遊記で孫悟空が食べた桃。1本でも結実する。収穫は8月。
西王母 モモ。果重500~600g。特大果。収穫は9月。
ファンタジア ネクタリン。果重200~250g。1本でも結実する。皮ごと食べられる。収穫は8月。

生態・特徴

モモは中国原産の果樹。春になると桃色の花が咲き、夏になると桃色の果実が成熟期を迎える。ネクタリンはモモの変種で、果皮に毛がなく、果実は皮ごと食べられるのが特徴。モモは果肉の白い白肉種が多いが、ネクタリンは果肉が黄色い黄肉種が多い。

ともに自家結実性があるが、なかには花粉がない(ほとんどない)品種があるので、その場合は、受粉樹として花粉の多い品種の混植が必要となる。耐寒性は強く、東北地方中部以南で栽培できる。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月上旬から3月下旬頃に行う。苗木は50~60cmの高さで切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料、収穫後の9月に化成肥料を与える。

摘蕾

蕾がふくらんできたら摘蕾を行う。摘蕾では上向きの蕾を取り除き、下向きや横向きの蕾を残す。摘蕾をすることで養分の消耗を抑え、果実の肥大を促進する。

受粉

開花したら、花粉のない品種では、人工授粉を行う。人工授粉は樹全体の6~7割の花が咲いた頃に行い、花粉の多い品種の花を、花粉のない品種の雌しべにつけて受粉させる。受粉はアンズやウメ、花モモの花粉でも可能。

摘果

結実後、摘果を2回に分けて行う。1回目の摘果は満開から3~4週間後に行い、極小果や奇形果、病害虫果などを摘み取る。2回目の摘果は5月中・下旬頃に行い、最終的に30cm以上の長果枝は2果、20cm前後の中果枝は1果、15cm以下の短果枝は5本で1果を残すようにする。

袋かけ

果実に袋かけをする場合は、2回目の摘果後に行う。袋かけをすれば、病害虫の被害や雨による裂果を防ぐことができる。

収穫

袋かけをした場合は、収穫の1週間前になったら袋を外し、果実を日光に当て着色させる。果実が色づいて、よい香りがしてきたら収穫をする。

剪定

剪定は12月上旬から2月下旬頃に行う。花芽は新梢の葉腋につく。特に中果枝や長果枝によくつく。剪定では込み合う部分の枝や徒長枝などを間引き、樹冠内部に日が当たるようにする。そのほかの枝は先端に葉芽が2~3芽残るように切り返す。モモやネクタリンの剪定では、よく実がつく、中・長果枝を多くつくるようにする。仕立て方は変則主幹形、開心自然形などが向く。


[PR] 食べてもおいしいハナモモ 枝垂れ性で八重咲き ハナモモ”ひなのたき”接ぎ木 苗
スポンサーリンク