フェイジョアの育て方

栽培カレンダー

フェイジョアの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 フェイジョア
画像
フェイジョアの写真
科名 フトモモ科
分類 常緑樹
結実年数 3~4年
受粉樹 必要(一部を除く)
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。関東地方以西の温暖な地域での栽培に適する。
花芽分化 8~9月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 3月中旬から4月上旬
収穫時期 自然落果したものや、手でさわると簡単にとれるものを収穫する。

おすすめの品種

ジェミニ 果重80g。1本でもある程度結実する。実を大きくするには受粉樹が必要。収穫は10月。
アポロ 果重120g。食味に優れる。1本でも結実する。収穫は10~11月。
クーリッジ 果重90g。花粉が多く、受粉樹に向く。1本でも結実する。収穫は11~12月。

生態・特徴

フェイジョアは南米原産の亜熱帯果樹。熟した果実はパイナップルとバナナをミックスしたような香りがする。花は肉厚で甘く、エディブルフラワーとして利用することもできる。自家結実性がない品種を栽培する場合は、受粉樹となる別品種の混植が必要。関東地方以西の温暖な地域での栽培に適する。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは3月中旬から4月上旬頃に行う。苗木は50~60cmの高さで切り返して植える。肥料は毎年、3月に有機質肥料、11月に化成肥料を与える。

摘蕾

蕾が見えたら摘蕾を行う。枝先より枝の基部につく果実のほうが大きくなるので、基部についた2個の蕾を残し、他の蕾は摘み取る。摘蕾しておけば、摘果は必要ない。結実後に摘果してもよい。

受粉

開花したら、自家結実性のない品種の場合、異なる品種の花を摘み取り、花粉を雌しべにつける人工授粉を行う。自家結実性のある品種でも人工授粉したほうが、より安定して結実する。1花で約10花に受粉できる。

収穫

フェイジョアの果実は熟していることが外観からでは分かりづらいため、自然落果したものや、手でさわると簡単にとれるものを収穫する。収穫した果実は12~15℃で1週間程度、追熟させると食味がよくなる。

剪定

剪定は3月頃に行う。花芽は新梢の先端付近につく。切り返し剪定はなるべく控えて、込み合った部分の枝を間引く、間引き剪定を主体にして、樹冠内部までよく日が当たるようにする。花芽のついた枝先は切り返さないよう注意する。仕立て方は主幹形仕立てなどが向く。


スポンサーリンク