アンズの育て方

栽培カレンダー

アンズの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 アンズ
画像
アンズの写真
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 3~4年
受粉樹 あると良い
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。冷涼で雨の少ない気候を好む。栽培適地は東北地方だが、全国的に栽培が可能。
花芽分化 7~8月頃。花芽は純正花芽。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 果実が黄色く色づき、少しやわらかくなった頃。

おすすめの品種

平和 果重40g。代表的品種。生食用や加工用に。収穫は6~7月。
新潟大実 果重50g。豊産性。酸味が多い。加工向き。収穫は6~7月。
信州大実 果重80g。生食用や加工用に。収穫は6~7月。
ニコニコット 果重90g前後。甘みが強い。生食に向く。豊産性。結実性良好。収穫は6~7月。

生態・特徴

ウメの次に開花し、ウメと同じ梅雨の時期に成熟するのがアンズ(杏)。果実はジャムや果実酒、ドライフルーツなどに加工でき、完熟果は生で食べることもできる。品種によって、酸味の多いものや少ないものなどがあるので、用途にあった品種を選ぶとよい。生食が目的なら、酸味の少ないものが適している。アンズは自家結実性はあるが、受粉樹(他品種)を混植したほうが実つきがよくなる。栽培適地は東北地方だが、全国的に栽培が可能。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月上旬から3月下旬頃に行う。苗木は50~60cmの高さで切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料、花が終わった後と収穫後に化成肥料を与える。

受粉

受粉樹を植えた場合、開花したら、互いの花で人工授粉をすると、実つきがよくなる。受粉にはウメやモモ、スモモの花粉も利用できる。

摘果

5月上・中旬頃になったら摘果を行う。摘果では葉数20~30枚に1果、枝長7cmに1果を目安に、小果や傷果などを取り除く。1つの短果枝には1果とする。

収穫

果実が黄色く色づき、少しやわらかくなった頃に収穫をする。

剪定

剪定は12月上旬から2月下旬頃に行う。花芽は短果枝によくつく。徒長枝や込み合った部分の枝を間引き、樹冠内部に日が当たるようにする。長果枝は先端を1/4程度、切り返して短果枝を発生させる。仕立て方は変則主幹形などが向く。


[PR] 甘みの多いアンズ新品種!100gを超える大果 おひさまコット(サニーコット) 果樹苗
スポンサーリンク