ツクネイモの育て方・栽培方法

育て方・栽培方法
  1. ツクネイモの種芋の植え付け時期は4~5月です。種芋には芽出ししたものを使用すると、生育にばらつきが出なくなります。種芋は株間30cmで植え付けます。

  2. 植え付け後、支柱を立てます(無支柱栽培も可能)。

  3. 1株から複数の芽が伸びたときは、芽かきをします。

  4. 追肥(化成肥料30g/m²)は6月中・下旬頃に施し、その後、8月上旬までに1~2回施します。

  5. 梅雨明け後、敷きワラをして土壌の乾燥を防ぎます。高温期はこまめに水やりをします。

  6. 収穫時期は10~12月です。地上部が枯れてきたら、芋を掘り取ります。

  7. プランターで栽培する場合は、幅70x奥行30x高さ30cmのプランターで2株を栽培します。

栽培カレンダー
植え付け収穫
野菜名 ツクネイモ
種類 根菜類
科目 ヤマノイモ科
栽培特性 乾燥に弱い
適正土壌酸度 pH6.0~6.5
苦土石灰 100g/m²
元肥の施し方 全面施肥
元肥 牛糞堆肥3L/m²、化成肥料(8-8-8)100g/m²
畝の大きさ 幅60~100cm高さ10cm(1条)
発芽適温 17~25℃
生育適温 20~25℃
連作障害 3~4年

植え付け時期

  • ツクネイモの種芋の植え付け時期は4月中旬から5月中旬。

  • 畑は深さ40cmくらい耕し、芋が変形する原因となる、石などを取り除いておく。

  • 種芋を植えるときは、切り口を上にして植え付ける。覆土は5~6cmにする。芽が出るまでには、2~4週間ほどかかる。

  • 収穫する芋は、毎年、種芋を養分にして新しく形成される(種芋は大きくならない)。

MEMO

ツクネイモは形状が塊形・丸形の芋で、粘りが非常に強いのが特徴です。ナガイモと比べると、ムカゴの着生は少なめです。

おすすめの品種

三重県の特産で粘りが強くアクが少ない”伊勢いも”、石川県の特産”加賀丸いも”、丹波山の芋から選抜した品種”新丹丸”などがあります。

芽出し

  • 種芋は芽出しする前に、ミカン切りして(頂芽部は切り捨てる)、1片あたり50~80gに分割し、暖かく風通しの良い場所で切り口を乾燥させておく。

  • ツクネイモの種芋を芽出し(催芽)する場合は、砂を入れた発泡スチロールの箱に切り分けた種芋を入れて、種芋が隠れるくらいに砂をかぶせる。換気穴をあけたビニールで箱を覆って、暖かい場所に置いておく。20日程度たって、芽が大豆くらいの大きさになったら植え付けに使用する。

支柱

  • ツクネイモを栽培する場合、支柱を立てないで、つるを地表に這わせて栽培することもできる(無支柱栽培)。無支柱栽培をすれば、土壌の乾燥防止に効果がある。

  • 支柱を立てて栽培する場合は、1m程度の短い支柱を一定間隔で立てて、横方向に麻ひもなどを張る。つるが伸びてきたら、支柱につるを誘引する。(関連:台風にも耐える頑丈な園芸支柱の組み方)

芽かき

  • 1個の種芋から複数の芽が伸びたときは、芋の肥大が悪くなるので、1本を残して他の芽を摘み取る。

収穫時期

  • ツクネイモの収穫は地上部が枯れてきた頃に行う。株の周囲にスコップを入れて土を崩し、芋を掘り取る。保存する場合は、芋をポリ袋に入れて、3~5℃くらいの冷暗所に置く。

  • 温暖な地域では、掘り出さないで、畑で越冬させることもできる。

プランターで栽培する場合

タイトルとURLをコピーしました