ザクロの育て方・栽培方法

育て方・栽培方法
  1. ザクロの苗木の植え付け時期は12月~3月です。苗木は高さ50~60cmで切り返して植えます。

  2. 開花時に人工授粉をすれば、実つきがよくなります。

  3. 1箇所に2果以上、実がついた場合は摘果を行います。1箇所に1果を目安にして、他は取り除きます。

  4. 収穫時期は9~10月です。果実が赤茶色に色づいて、頂部が裂けた頃に収穫します。

  5. 肥料は毎年、12月に有機質肥料、3月に速効性の化成肥料を施します。

  6. 剪定時期は12~2月です。

栽培カレンダー
植え付け収穫開花剪定
果樹名 ザクロ
種類 落葉果樹
科目 ミソハギ科
栽培適地 北海道南部以南
実がなるまで 5年
受粉樹 不要
花芽分化 7~8月頃(花芽は混合花芽)

植え付け時期

  • ザクロの苗木の植え付け時期は12月上旬から3月下旬。

  • 自家結実性があるので、受粉樹は不要。

おすすめの品種

果実が裂開しない”カリフォルニア”、果肉が黒色の”ペルシャブラック”、種なしの”シャインレッド”、白実の”白実ザクロ”などがあります。

人工授粉

  • 1本でも結実するが、開花時に筆先で花の中をさわって人工授粉してやれば、実つきがよくなる。

収穫時期

  • ザクロの収穫は果実が赤茶色に色づき、頂部がわずかに裂けた頃に行う(裂けない品種もある)。

  • 裂けた果実は雨で腐敗しやすいので、とり遅れないよう注意する。

剪定時期

  • ザクロの剪定時期は12月上旬から2月下旬。

  • 花芽は新梢の先端付近につく(7~8月頃)。

  • 剪定では徒長枝や込み合った部分の枝を間引き、樹冠内部までよく日が当たるようにする。株元からは、ひこばえがよく出るので、出たら早めに株元から切りとる。

  • 花芽は枝先付近につくので、切り返し剪定はなるべく控える。

  • 仕立て方は主幹形や変則主幹形などが向く。

タイトルとURLをコピーしました