スイカの育て方

栽培カレンダー

スイカの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称スイカ
画像
スイカの写真
科名ウリ科
栽培適地日当たりの良い場所で育てる。強光を好む。高温・乾燥には強いが、多湿には弱い。適正な土壌pHは5.5~6.5。
発芽適温25~30℃。発芽には最低15℃以上必要。
生育適温25~30℃
植付時期5月
収穫時期品種により異なるが、小玉種では受粉後35日前後、大玉種では45日前後。近くの巻きひげが枯れた頃。
連作障害あり(4~5年)
収穫量の目安小玉種は1株あたり4個、大玉種は2個。

植付場所

畝のサイズ畝幅(上面幅)90~120cm、畝の高さ20cm(1条植え)。
条間
株間100~120cm
覆土1cm(種の場合)

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量100g/m2
元肥の施し方全面施肥
元肥化成肥料(8-8-8)100g/m2、ようりん50g/m2、完熟牛ふん堆肥3kg/m2
追肥化成肥料30g/m2

主な品種

品種
特性
紅こだま 小玉種。果重2kg内外。皮が薄く種が少ない。極早生種。
マダーボール 小玉種。果重2kg内外の楕円形。高糖度。裂果がおきにくい。
黄福 小玉種。果重2kg内外。外皮は鮮黄色に濃黄色の細い縞。
紅しずく 小玉種。果重2.5~2.8kg。高糖度で多収。空洞果少ない。
金のたまご 小玉種。果重2.5~3kgの楕円形。皮は黄色で中味は赤い。
タヒチ 大玉種。果重7~8kg。皮は黒色。着果性に優れ病気に強い。
紅まくら 大玉種。果重7~8kgの楕円形。高糖度。肉質はかため。
3Xブラックムーン 大玉種。果重8~9kg。黒皮で果肉は黄色。種なし。

生態・特徴

南アフリカ原産のウリ科の一年草。果形が楕円のものや、果肉が黄色いものなど、いろいろな品種が存在する。大きさには小玉種から大玉種まであるが、家庭菜園で育てやすいのは、小玉種のほう。

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。蔓は通路側に伸ばしていくので、通路幅は150cm以上確保しておく。スイカは窒素肥料が多いと、蔓や葉ばかり成長して、着果しにくくなる、つるボケになりやすいので、元肥の与えすぎに注意する。

スイカの栽培では、一般的な台形の畝に苗を植える以外に、土を丸く盛り上げた鞍築(くらつき)という畝に植える方法がある。鞍築に植える場合は、土を耕して土壌酸度を調整した場所に、直径50cm、深さ30cmの穴を掘り、元肥(化成肥料30g、ようりん10g、完熟牛ふん堆肥2kg)を投入して埋め戻し、その上に20cm程度の丸い盛り土をする。盛り土の頂部を平らにして、そこに苗を植え付ける。蔓を伸ばすためのスペースとして、植え付け場所(鞍築)のまわりは、100cm以上空けておく。鞍築に植えることで、根が深くまで伸びる。

蔓を伸ばす場所がないときは、アーチ支柱などを利用して、空中に蔓を誘引して着果させる方法(空中栽培・立体栽培)もある。この場合は小玉スイカが最適。

種まき・植え付け

5月頃に市販の苗を植え付けるのが一般的。種から育てる場合は、3月中旬から4月上旬頃に、ポットに3~4粒の種をまき、本葉が出たら1ポット1本になるよう間引き、本葉5~6枚になったら定植をする。蔓が伸びてきたら、敷きワラをして、降雨時の泥はねなどから蔓や実を保護する。

摘芯・仕立て方

雌花は子蔓や孫蔓によくつくので、植え付け後、親蔓の先端は5~6節で摘芯して、子蔓2~4本を伸ばし、他の子蔓は摘み取って、2~4本仕立てにする。

受粉

スイカは雌雄異花なので、雌花が開花したら、確実に着果させるために人工授粉を行う。人工授粉は朝の9時頃までに行い、雌花(花のつけ根が膨らんでいる)の雌しべに雄花の花粉をこすりつける。授粉日を書いた札を立てておくと、収穫の目安になる。

摘果

最初に子蔓の7~8節くらいに1番果がつくが、変形果になりやすいので摘果して、15節以降につく2番果を成長させる。1本の蔓に1果を基本として、それ以外に実がついた場合は摘果する。

追肥

追肥は果実が握りこぶしくらいの大きさになったら施す。

収穫

収穫時期は品種により異なるが、小玉種では受粉後35日前後、大玉種では45日前後。近くの巻きひげが枯れた頃が目安。

プランター栽培

プランターや鉢で育てる場合は、小玉種が適している。容量20L以上の大きめのプランターで2株、10号以上の鉢で1株が目安。子蔓2本を伸ばす2本仕立てか、親蔓を摘芯しないでそのまま伸ばす1本仕立てにする。蔓はあんどんなどに誘引する。


スポンサーリンク