サツマイモの育て方

栽培カレンダー

サツマイモの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称 サツマイモ
画像
サツマイモの写真
科名 ヒルガオ科
栽培適地 日当たりのよい場所で育てる。高温・乾燥には強いが、過湿には弱い。適正な土壌pHは5.5~6.0。
発芽適温 発根には15℃以上必要
生育適温 芋の肥大適温は20~30℃
植付時期 5月
収穫時期 9月下旬から11月中旬頃。葉がやや黄色くなり始めた頃。
連作障害 少ない
収穫量の目安 1株あたり1kg

植付場所

畝の形・サイズ 畝幅60~70cm、高さ30cmのかまぼこ型畝にする。
条間
株間 30~40cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 不要
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)30g/m2、草木灰100g/m2。ただし、前作の肥料分が残っているようなところでは草木灰だけでよい。
追肥 不要

おすすめの品種

ベニアズマ 代表的品種。ホクホクした食感で甘みが強い。多収。
シルクスイート シルクのようになめらかな食感。甘味が強い。
紅はるか ねっとりした食感。甘みが強い。育てやすい。
パープルスイートロード 果肉が紫色。ややホクホク。多収。
クイックスイート 電子レンジでスピード調理できる。短時間の加熱で甘くなる。

生態・特徴

高温を好む、中南米原産の蔓性作物。サツマイモは5月頃に苗(ツル苗)を植え付け、秋に地中から塊根(芋)を掘り出し、収穫をする。芋は苗の節から出た根が肥大したもの。サツマイモは吸肥力が強いため、肥料が少量でもよく育つ。

土作り・畝立て

植え付けの1週間前に畑を耕し、元肥を投入して、土とよく混ぜ、かまぼこ型の畝を立てる(全面施肥)。前作の肥料分が残っているようなところでは元肥は草木灰だけでよい。畝を立てたら、マルチ(黒マルチ)を張る。

サツマイモは弱酸性の土壌を好むので、通常、苦土石灰の散布は必要ない。肥料に窒素分が多いと、茎葉ばかりが成長して(つるぼけ)、芋の肥大が悪くなるので(芋ができないこともある)、肥料の与え過ぎに注意する。

植え付け

苗の植え付けは5月頃に行う。苗は5月頃に種苗店などに出回るので、7~8節あって、茎が太く、節間が適度につまっているものを選ぶ。苗は切り口を水につけて、十分に吸水させてから植える。

支柱の先などを使って、畝の中央に苗の植え穴を斜め45度くらいの角度であけ、3~4節が埋まるように苗を挿し込んで、苗の植え付けを行う(斜め植え)。穴はマルチの上からあける。苗は畝と平行方向になるように植え、葉は地上に出す。苗の植え付け後、1週間くらいで根付いて蔓が伸びてくる。

追肥

通常、元肥のみで追肥は施さない。

つる返し

夏になり、伸びた蔓で通路が覆われるようになったら、接地した蔓の節から出た根を地面から引き剥がして、蔓を畝側へひっくり返す、つる返しを行う(葉が裏返しになっても直るので問題はない)。つる返しを行うことで、蔓の節から出た根が、土から過剰に養分を吸収し、つるぼけになることを防止する。

収穫・保存

収穫は9月下旬から11月中旬頃に行う。葉がやや黄色くなり始めた頃が目安。事前に試し掘りをして、芋が大きくなっていることを確認するとよい。蔓を刈り取り、芋を傷つけないようにスコップで掘り出す。霜がおりる前には収穫を終えるようにする。

長期保存する場合は、芋を新聞紙でくるんで、発泡スチロールなどの箱に入れ、古毛布などをかぶせて(呼吸させるため箱は密閉しない)、湿度85~90%、13~15℃(10℃以下になると傷みやすくなる)くらいの場所に置く。

コンテナ栽培

容量20L以上入るプランターや鉢で1株を栽培する。肥料袋などを利用した袋栽培も可能(底に水抜き穴をあけて使用する)。


[PR] クリームのようなネットリした食感 さつまいも苗(イモヅル)安納蜜芋1束10本入り
スポンサーリンク