野菜の育て方

アイスプラントの育て方・栽培方法

アイスプラントの写真 アイスプラントの育て方・栽培方法です。関東地方を基準にした栽培の手順を紹介します。
栽培難易度 (ふつう)
植え付け時期 4月上旬~5月上旬、9月上旬~10月下旬
収穫時期 5月~7月、10月~5月
アイスプラントの栽培カレンダー
植え付け収穫
スポンサーリンク

アイスプラントはこんな野菜

  • ハマミズナ科の野菜。生育適温は15~20℃。生育温度は5~25℃。低温には-2℃まで耐える。暑さや多湿に弱く、乾燥に強い。発芽適温は15~20℃。発芽温度は5~25℃。適正土壌pHは6.5~7.0。毎年同じ場所で栽培すると連作障害が発生するので、2~3年あける。

  • アイスプラントは栽培時に塩水を与えると、土壌から塩分を吸収して、葉に塩味がつくという面白い野菜。吸収された塩分は葉の表面にできる水滴のような細胞(ブラッダー細胞)に蓄積される。

  • アイスプラントは最近、注目され始めた新野菜で、様々な企業・団体が独自の商品名(バラフ、プッチーナ、シオーナ、ソルトリーフなど)をつけて栽培・販売している。

アイスプラントの育て方(1) 植え付け

  • アイスプラントの苗の植え付け時期は、4月上旬から5月上旬(春植え)と9月上旬から10月下旬(秋植え)。アイスプラントは種から育てるより、市販の苗を購入して植え付けたほうが失敗が少ない。

  • 幅65cmの標準プランターに株間25~30cmで2株を植え付ける。塩水を与えて、葉に塩味をつける場合はプランター栽培が適している。塩水を与えなくても生育に支障はない。

  • 種から栽培する場合は、セルトレイまたはポットにコーティング種子を1粒ずつまいて、本葉5~6枚になったら定植をする。育苗日数は30~40日程度。裸種子のときは、5~6粒ずつまいて、発芽後順次間引く。発芽には3~4日かかる。

アイスプラントの育て方(2) 追肥

  • 苗の植え付け後、1週間に1回、液体肥料を施す。

アイスプラントの育て方(3) 塩水を与える

  • 葉に塩味をつける場合は、2週間に1回、2%の塩水(水1Lに対して塩20g)を与える。

アイスプラントの育て方(4) 収穫

  • アイスプラントの収穫時期は5~7月と10~5月。

  • アイスプラントは苗の植え付けの30日後くらいから収穫できる。伸びてくる側枝の先端を順次摘み取って収穫をする。

  • 冬期間はプランターを軒下などにとり込み、寒さから守る。開花したら収穫は終了となる。


この記事のタグ

タイトルとURLをコピーしました