ジネンジョ・ナガイモ・イチョウイモ・ツクネイモの育て方

栽培カレンダー

自然薯(山芋)・長芋・銀杏芋・つくね芋の栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称 ジネンジョ / ナガイモ / イチョウイモ / ツクネイモ
画像
自然薯の写真長芋の写真いちょう芋(大和芋)の写真つくね芋の写真
科名 ヤマノイモ科
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。乾燥に弱い。適性な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 ジネンジョの場合、萌芽には17℃以上必要。
生育適温 ジネンジョの場合、地温25℃以上になると吸収根(養水分を吸収する根)の働きが鈍くなる。また、地温が27℃以上になると、芋がくねくねと蛇行するようになる。
植付時期 4月中旬から5月中旬
収穫時期 地上部が枯れてきた頃。
連作障害 あり(3~4年)
収穫量の目安 ジネンジョは1本あたり500~600g、ナガイモは1本あたり1kg。

植付場所

畝幅(上面幅) 60cm~
畝の高さ 10~30cm。高畝にすれば、その分、深く耕さなくても済む。
条間
株間 30cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 100g/m2
元肥の施し方 萌芽後に施す
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの品種

自然薯 長いものでは1mを超える。粘りは強い。
短形自然薯 長さが30cm程度と短く、家庭菜園向き。粘りは強い。
長芋 長いものでは1mを超える。形状は円柱状。粘りは弱い。
いちょういも 長さ15~25cm。形状は扇形(銀杏の葉の形)。長芋より粘りは強い。
丹波山のいも ツクネイモ。形状は塊形・丸形。粘りは強い。

生態・特徴

ジネンジョ(自然薯)、ナガイモ(長芋)、イチョウイモ(銀杏芋)、ツクネイモはヤマノイモ科ヤマノイモ属に属するつる性の多年草。ジネンジョはヤマイモ(山芋)と呼ばれることもある。

ジネンジョやナガイモは1mを超えることもある細長い芋で、イチョウイモは長さ15~25cmの扇形(銀杏の葉の形)の芋。ツクネイモは形状が塊形・丸形の芋。関東地方ではイチョウイモのことをヤマトイモ(大和芋)と呼んだり、関西地方ではツクネイモのことをヤマトイモと呼んだりすることもある。

夏になると、つる(葉腋)にはムカゴができる。できたムカゴは食用にしたり、繁殖に利用できる。ムカゴが少ないほど、地中の芋は大きくなるので、地中の芋を大きくする場合は、ムカゴを早めに取り除くとよい。つるが下垂するとムカゴが多くなる。なお、イチョウイモとツクネイモはムカゴの着生が少ない。

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに、深さ20~30cm程度耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

続いて、畝を立てる場所の中央(種芋を植える位置)に幅25cm程度の植え溝を掘る。植え溝の深さは、栽培する芋の種類(長さ)によって決める。長さが100cmにもなるジネンジョやナガイモなら掘る深さも100cm程度必要。それ以外の芋なら、40~50cm程度、掘ればよい。深く掘るのが難しい場合、高畝にすれば、その分、深く掘らなくても済む。

植え溝は掘ったら、すぐに埋め戻すが、その際、芋が変形する原因となる、石などを取り除いておく。芋の伸びる場所(植え溝)が深く耕してあれば、畑全面を深く耕す必要はない。

1週間前になったら、1m2あたり2kgの完熟牛ふん堆肥をまいて、土とよく混ぜ、畝を立てる。畝は一般的な台形の畝のほか、かまぼこ型の畝でもよい。芋の変形や変色などの原因になるので、植え溝には堆肥などの肥料分は混ぜないようにする。

元肥は萌芽後に施す(生育初期は種芋に蓄積された養分で育ち、土壌からの養分吸収は少ないため)。マルチは元肥を施したあとに張る。

波板栽培・パイプ栽培

かたい土層があるなどの理由で、畑を深く耕すことが出来ない場合は、波板栽培がおすすめ。波板栽培では、長さ120cmの波板を20度の角度で傾けて畑に置いて、土をかぶせ、その上に種芋を植える。晩秋、埋めた波板を掘り出せば、芋を折ることなく、収穫ができる。そのほか、地中に埋めた塩ビ製のパイプの中で芋を肥大させて、芋の掘り取りを簡単にした栽培方法(パイプ栽培)もある。

種芋の準備

植え付け前に種芋を準備する。種芋には子イモ、または切りイモを使用する。子イモはムカゴを前年の春から晩秋までの間、育てたもので、切らずにそのまま使用する。

切りイモは大きな芋を切り分けたもので、ジネンジョ・イチョウイモ・ツクネイモの場合、1片あたり50~80gに分割したものを使用する(ツクネイモは頂芽部を切り捨て、ミカン切り)。ナガイモの場合は100~150g程度に分割にしたものを使用する。切ったら、暖かく風通しの良い場所で20~25日程度乾燥させて、切り口をコルク化させておく。

ムカゴから子イモを作る場合は、春にムカゴを畑に植え付け(覆土3cm、株間6cm、条間20cm)、晩秋まで育てる。翌春になったら種芋として植え付ける。

植え付け・支柱立て

種芋の植え付けは4月中旬から5月中旬頃に行う。畝の中央(植え溝の真上)に種芋を植え付ける。覆土は5~6cmにする。ツクネイモ(切りイモ)の場合は、切り口を上にして植える。芽が出るまでには、2~4週間ほどかかる。なお、収穫する芋は毎年、種芋を養分にして新しく形成される(種芋は大きくならない)。種芋の植え付け後、2mの支柱を立てる。

元肥・芽かき

萌芽してつるが伸びてきたら、畝の肩部分に元肥を施す(追肥も同様の方法で施す)。1個の種芋から複数の芽が伸びたときは、芋の肥大が悪くなるので、1本を残して他の芽を摘み取る。

マルチ張り

つるが50cm程度伸びたら、マルチを張る。マルチは地温の上昇を抑える効果のある、白黒マルチがよい。2枚のマルチを使用し、畝の両側からつるを挟み込むようにして、畝全体をマルチで覆う。

追肥

追肥は7月上旬から8月上旬の間に1~2回施す。

収穫

収穫は地上部が枯れてきた頃に行う。株の周囲にスコップを入れて土を崩し、折らないように芋を掘り取る。保存する場合は、芋をポリ袋に入れて、3~5℃くらいの冷暗所に置く。温暖な地域では、掘り出さないで、畑で越冬させることもできる。

つるにできたムカゴの収穫は10月頃から行う。収穫したムカゴは、ご飯と一緒に炊いて、ムカゴ飯などにする。

コンテナ栽培

コンテナ栽培には芋が長く伸びないツクネイモが適している。鉢で栽培する場合は、直径と深さが30cm以上ある鉢(野菜鉢 深型330など)を使用して、1株を栽培する。プランターで栽培する場合は、幅70cm、深さ30cm以上ある大型のプランター(ファームプランター 深型700など)を使用して、2株を栽培する(株間30cm)。


スポンサーリンク