トマトの育て方

栽培カレンダー

トマトの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称 トマト
画像
トマトの写真
科名 ナス科
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。強光を好む。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 25~30℃
生育適温 昼間25~28℃、夜間15℃程度。
植付時期 4月下旬から5月中旬
収穫時期 実がヘタの付近まで赤くなった頃。大玉トマトの場合は開花後60日程度、ミニトマトの場合は45日程度。
連作障害 あり(3~4年)
収穫量の目安 1株あたり20個。ミニトマトは120個。

植付場所

畝幅(上面幅) 60cm~
畝の高さ 10cm
条間 60cm
株間 50cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 100g/m2
元肥の施し方 溝施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、ようりん50g/m2、完熟牛ふん堆肥3kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの品種

ホーム桃太郎EX 大玉トマト。果重200~210g。病気に強く、糖度が高い。
フルティカ 中玉トマト。果重40~50g。糖度は7~8度。果皮が薄く食べやすい。
イエローミミ ミニトマト。果重15g。果実は黄色。フルーツ感覚の甘さ。裂果が少ない。
トマトベリーガーデン ミニトマト。果実はイチゴ型。糖度は9~10度以上。プランター栽培にも向く。
シシリアンルージュ 調理用トマト。果重20~30g。大玉トマトに比べ、グルタミン酸が約3倍。炒めると美味しい。

生態・特徴

南米アンデス地方原産。一般的な生食用のトマトには大玉トマト、中玉トマト、ミニトマトがある。大玉トマトは開花から60日程度で成熟し、ミニトマトは45日程度で成熟する(高温期はもっと早くなる)。果実には旨味成分であるグルタミン酸が豊富に含まれている。果色は赤色の品種が一般的だが、黄色やオレンジ色の品種もある。加熱調理などに適した調理用のトマトもある。

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、畝を立てる場所の中央に幅15cm、深さ20cmの溝を掘り、そこに元肥を投入して、土を埋め戻し、その上に畝を立てる(溝施肥)。畝を立てたら、マルチ(黒マルチ)を張る。

種まき・植え付け

トマトは発芽に高温が必要で、育苗に要する日数も長いため(60日程度必要)、市販の苗を購入して4月下旬から5月中旬頃に植え付けるのが一般的。苗は節間が短く、第1花房の花が咲いている状態のものを選ぶ。植え付けるときは、花房が通路側にくるように植えると、収穫作業がしやすい(トマトは花房が常に同じ方向につくため)。植え付け後、高さ2m程度の支柱を立て、苗を支柱に固定する。

種から育てる場合は、セルトレイに1粒ずつ種をまき(覆土は5~6mm)、発芽して本葉が出たらポットに植え替え、開花するまで育苗したのち定植をする。育苗日数は60日程度。気温の低い時期は保温して育てる。

仕立て方

成長すると、葉の付け根からわき芽(側枝)が伸びてくるので、すべて摘み取り、主枝1本だけを伸ばす、1本仕立てにする。ミニトマトの場合は、主枝と第1花房下の側枝を伸ばす2本仕立てにしてもよい。摘み取ったわき芽は挿し木苗にすることもできる。

追肥

追肥は第1花房の実がピンポン玉(ミニトマトの場合は1cm程度)くらいの大きさになった頃に施し、以後、2週間ごとに施す。

摘果

一つの花房に多くの実がつくと、実が大きくならないので、一花房あたり4~5個の実を残し、ほかは摘果する。ミニトマトでは基本的に摘果は必要ない。

摘芯

主枝に第5~6花房までついたら、その上に2枚の葉をつけて主枝を摘芯して、成長を止める。ミニトマトの場合はもっと伸ばしてもよい(支柱の高さを超えたら、主枝を下げて誘引し直す)。

収穫

実がヘタの付近まで赤くなったら収穫する。大玉トマトの場合は開花後60日程度、ミニトマトの場合は45日程度が目安。高温期は収穫までの日数がもっと短くなる。

コンテナ栽培

大玉トマトよりミニトマトのほうがコンテナ栽培に適している。大玉トマトの場合、容量20L以上入るプランターや鉢を使用して、1株を栽培する。ミニトマトの場合は、直径と深さが30cm以上ある鉢(野菜鉢 深型330など)を使用して、1株を栽培する。


[PR] 直径約1センチ 超ミニミニトマト 接木苗 極小粒マイクロトマト
スポンサーリンク