トマトの育て方・栽培方法

育て方・栽培方法
  1. トマトの苗の植え付け時期は4~5月です。株間50cmで植え付けます。

  2. 植え付け後、支柱を立てて、成長してきたら、1本仕立てにします。

  3. 追肥(化成肥料30g/m²)は第1花房の実がピンポン玉くらいの大きさになった頃に施して、その後は2週間ごとに施します。

  4. 実がつくようになったら摘果をして、主枝に第5~6花房までついたら摘心をします。

  5. 収穫時期は7~8月です。実がヘタの付近まで赤くなった頃に収穫します。

  6. プランターで栽培する場合は、直径30x高さ30cmのプランターでミニトマト1株を栽培します。

栽培カレンダー
植え付け収穫
野菜名 トマト
種類 果菜類
科目 ナス科
適正土壌酸度 pH6.0~6.5
苦土石灰 100g/m²
元肥の施し方 溝施肥
元肥 牛糞堆肥5L/m²、化成肥料(8-8-8)100g/m²、熔リン50g/m²
畝の大きさ 幅60cm高さ10cm(1条)。畝立て後、黒マルチを張る
発芽適温 20~30℃
生育適温 昼25~30℃・夜10~15℃
連作障害 3~4年
収穫量 1株あたり大玉トマトは25個、ミニトマトは150個

植え付け時期

  • トマトの苗の植え付け時期は4月下旬から5月中旬。

  • トマトは発芽に高温が必要で、育苗に要する日数も長いため、市販の苗を購入して植え付けるのが一般的。苗は節間が短く、第1花房の花が咲いている状態のものを選ぶ。

  • 植え付けるときは、花房が通路側にくるように植えると、収穫作業がしやすい(トマトは花房が常に同じ方向につくため)。

  • 種から栽培する場合は、セルトレイに1粒ずつ種をまき、本葉が出たらポットに移植して、開花する頃になったら定植をする。育苗日数は60日程度。気温の低い時期は保温して栽培する。

MEMO

一般的な生食用のトマトには大玉トマト、中玉トマト、ミニトマトがあります。プランターで栽培する場合は、育てやすいミニトマトがおすすめです。

おすすめの品種

甘みが強い黄色のミニトマト”イエローミミ”、炒めると美味しい調理用トマト”シシリアンルージュ”、珍しい超小粒の”マイクロトマト”などがあります。

支柱

1本仕立て

  • トマトは成長すると、葉の付け根からわき芽(側枝)が伸びてくるので、すべて摘み取り、主枝1本だけを伸ばす、1本仕立てにする。

  • ミニトマトの場合は、主枝と第1花房下の側枝を伸ばす2本仕立てにしてもよい。

  • 摘み取ったわき芽は挿し木苗にすることもできる。

摘果

  • 一つの花房に多くの実がつくと、実が大きくならないので、一花房あたり4~5個の実を残し、ほかは摘果する。

  • ミニトマトでは基本的に摘果は必要ない。

摘心

  • 主枝に第5~6花房までついたら、その上に2枚の葉をつけて主枝を摘心して、成長を止める。

  • ミニトマトの場合はもっと伸ばしてもよい(支柱の高さを超えたら、主枝を下げて誘引し直す)。

収穫時期

  • 実がヘタの付近まで赤くなったら収穫する。大玉トマトの場合は開花後60日程度、ミニトマトの場合は45日程度が目安。高温期は収穫までの日数がもっと短くなる。

プランターで栽培する場合

タイトルとURLをコピーしました