デコポン・ナツミカン・ハッサクの育て方

栽培カレンダー

夏みかんの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 デコポン / ナツミカン / ハッサク
画像
デコポンの写真夏みかんの写真ハッサクの写真
科名 ミカン科
分類 常緑樹
結実年数 3~4年
受粉樹 デコポンとナツミカンは不要、ハッサクは必要。
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。関東地方南部以西の温暖な地域での栽培に適する。デコポンとナツミカンの場合は、年平均気温が16.5℃以上で、最低気温が-3℃以下にならない地域が適地とされる。ハッサクの場合は、年平均気温が15~16℃以上で、最低気温が-4℃以下にならない地域。
花芽分化 1~3月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 3月下旬から4月上旬
収穫時期 デコポンは1月下旬から2月下旬。ナツミカン(夏ダイダイ)は5月から6月、甘夏(川野夏ダイダイ)は3月から4月。ハッサクは12月下旬から1月上旬に収穫。

おすすめの品種

不知火 デコポン。果重250g前後。収穫は1~2月。
甘夏 川野夏ダイダイ。今のナツミカン。果重400g。夏ダイダイの枝変わり(突然変異)。収穫は3~4月。
夏みかん 夏ダイダイ。昔のナツミカン。果重400~500g。酸味が強い。収穫は5~6月。
八朔 ハッサク。果重300~400g。収穫は12~1月。

生態・特徴

デコポンは流通する果実の名前(商標登録名)であり、品種名は不知火(しらぬい)という。デコポンは果梗部にデコができるのが特徴で、デコは開花前の昼夜の寒暖差が激しいときや、樹勢が強いときに発生しやすい。

ナツミカン(夏ダイダイ)は山口県、ハッサクは広島県が原産地。果実は春から初夏にかけて流通する。現在では、流通しているナツミカンの多くは、通称・甘夏(正式名は川野夏ダイダイ)といわれる、酸味の少ない品種になっているが、昔は酸味の強い、夏ダイダイのことをナツミカンと呼んでいた(甘夏は夏ダイダイの突然変異種で昭和初期に大分県で発見された)。

デコポンは単為結果性、ナツミカンは自家結実性があり、1本でも結実するため、ともに受粉樹は不要。ハッサクは1本だけでは、種のない、小さな果実になりやすいので、大きくするためには、ナツミカンなどの受粉樹を一緒に植える必要がある。デコポン、ナツミカン、ハッサクは関東地方南部以西の温暖な地域での栽培に向く。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは3月下旬から4月上旬頃に行う。苗木は高さ50~60cm程度で切り返して植える。肥料は毎年、3月に有機質肥料、6月と10月下旬から11月上旬に化成肥料を与える。

受粉

ハッサクの場合、開花したら、ナツミカンなどの花粉を用いて人工授粉を行う。人工授粉することで、果実の肥大がよくなる。

摘果

隔年結果を防ぐために、結実したら摘果を行う。摘果は生理落果後の7月下旬から8月中旬頃に行い、デコポンの場合は葉100枚あたり1果、甘夏の場合は葉100~120枚あたり1果、ハッサクの場合は葉80~100枚あたり1果になるよう、傷果や小玉果などを取り除く。

収穫

デコポンは1月下旬から2月下旬頃、ハッサクは12月下旬から1月上旬頃に収穫し、冷暗所で1~2ヶ月貯蔵する。一定期間貯蔵することで、減酸されて食味がよくなる。特にデコポンの場合、早どりすると低糖度の果実になるので、適期に収穫をする。

ナツミカン(夏ダイダイ)は5月から6月頃、甘夏(川野夏ダイダイ)は3月から4月頃に収穫する。気温の低い地域では、寒害をうけないよう、12月下旬から1月上旬頃に収穫して、冷暗所に貯蔵、減酸させてから食べるとよい。

剪定

剪定は3月頃に行う。枝は年3回、春・夏・秋に伸びる。花芽は前年の春枝(春に伸びた枝)の先端付近によくつく。前年、実がついた枝には花芽はつかない。剪定では、切り返し剪定はなるべく控えて、込み合った部分の枝を間引く、間引き剪定を主体にして、樹冠内部までよく日が当たるようにする。結果習性はミカンと同じなので、ミカンの剪定も参考にする。仕立て方には開心自然形などが向く。(関連記事:ミカンの育て方


[PR] 甘夏より糖度が高く食味に優れる 紅甘夏 (べにあまなつ) 2年生苗
スポンサーリンク