果樹の育て方

ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジの育て方・栽培方法

ネーブルオレンジの写真 ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジの育て方・栽培方法です。関東地方を基準にした栽培の手順を紹介します。
栽培難易度 (ふつう)
植え付け時期 3月下旬~4月上旬
収穫時期 12月~1月(ネーブルオレンジ)、3月~4月(ブラッドオレンジ)
ネーブルオレンジの栽培カレンダー
ブラッドオレンジの栽培カレンダー
植え付け収穫開花剪定
スポンサーリンク

ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジはこんな果樹

  • ミカン科の常緑果樹。栽培適地は関東地方南部以西(ネーブルオレンジは年平均気温が16℃以上で冬の最低気温が-5℃以下にならない地域)。実がなるまで4~5年かかる。受粉樹は不要。花芽分化は1~3月頃(花芽は混合花芽)。

  • ネーブルオレンジは果頂部が二重果となるのが特徴で、へそ(ネーブルはへその意味)のように見えることから、この名がついた。

  • ブラッドオレンジはヨーロッパ原産のオレンジで、果皮と果肉にアントシアニンを含むのが特徴。

  • 品種には、豊産性で酸の抜けが早い『清家ネーブル』、果肉が赤いブラッドオレンジ『タロッコ』、タロッコより果実は小さいが赤みが強い『モロ』などがある。

ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジの育て方(1) 植え付け

  • ネーブルオレンジ、ブラッドオレンジの苗木の植え付け時期は3月下旬から4月上旬。

  • 苗木は高さ50~60cmで切り返して植える。

  • 1本で結実するため、受粉樹は不要。

ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジの育て方(2) 摘果

  • 結実したら、隔年結果を防ぐため、7~8月頃に摘果を行う。

  • ネーブルオレンジでは葉90~100枚あたり1果を残す。摘果では外傷果や小玉果、裂果しやすいへその大きなものを取り除く。

  • ブラッドオレンジ(品種タロッコ)では葉70枚あたり1果を残す。タロッコの場合、大果より小果のほうが、赤みが濃くなる傾向にある。

ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジの育て方(3) 収穫

  • 収穫時期はネーブルオレンジが12月上旬から1月上旬頃、ブラッドオレンジが3月上旬から4月上旬頃。

  • ネーブルオレンジは果実を収穫したら、1~3ヶ月貯蔵する。一定期間貯蔵することで、減酸されて食味がよくなる。

ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジの育て方(4) 肥料

  • 肥料は毎年、3月に有機質肥料、6月と10月下旬から11月上旬に速効性の化成肥料を施す。

ネーブルオレンジ・ブラッドオレンジの育て方(5) 剪定

  • ネーブルオレンジ、ブラッドオレンジの剪定時期は3月。

  • 枝は年3回、春・夏・秋に伸びる。花芽は前年の春枝(春に伸びた枝)によくつく(1~3月頃)。前年、実がついた枝には花芽はつかない。

  • ネーブルオレンジ、ブラッドオレンジを剪定する場合は、切り返し剪定はなるべく控えて、込み合った部分の枝を間引く、間引き剪定を主体にして、樹冠内部までよく日が当たるようにする。

  • 仕立て方には開心自然形などが向く。

  • 隔年結果(着果の多い表年と着果の少ない裏年を交互に繰り返すこと)する場合は、ミカンの隔年結果対策を参考にする。

タイトルとURLをコピーしました