ミカンの育て方・栽培方法

育て方・栽培方法
  1. ミカンの苗木の植え付け時期は3~4月です。苗木は高さ50~60cmで切り返して植えます。

  2. 隔年結果を防ぐために、結実したら摘果を行います。摘果は生理落果後の7月下旬以降に行い、葉25~30枚あたり1果になるように、傷んだ実や小さい実などを取り除きます。

  3. 収穫時期は10~12月です。果皮がオレンジ色になった頃に収穫します。

  4. 肥料は毎年、3月に有機質肥料、6月と10月下旬から11月上旬に速効性の化成肥料を施します。

  5. 剪定時期は3月です。隔年結果しないように剪定をします。

栽培カレンダー
植え付け収穫開花剪定
果樹名 ミカン
種類 柑橘類
科目 ミカン科
栽培適地 関東地方南部以西(年平均気温が15~18℃で冬の最低気温が-5℃以下にならない地域)
実がなるまで 4~5年
受粉樹 不要
花芽分化 1~3月頃(花芽は混合花芽)

植え付け時期

  • ミカンの苗木の植え付け時期は3月下旬から4月上旬。

  • 単為結果性が強く、受粉しなくても結実するため、受粉樹は不要。

  • 温暖な地域以外で栽培する場合は、熟期の早い品種を選ぶ。

おすすめの品種

果皮が普通のミカンより紅い”小原紅早生”、浮皮が少ない”寿太郎”、極早生の”日南の姫”、紀伊國屋文左衛門が江戸へ運んだとされる”紀州みかん”などがあります。

収穫時期

  • ミカンの収穫は果皮が緑色からオレンジ色に色づいた頃に行う。

  • 遅くまで果実をつけておくと花芽のつきが悪くなるので、年内には収穫を終えるようにする。

剪定時期

  • ミカンの剪定時期は3月。

  • 枝は年3回、春・夏・秋に伸びる。花芽は前年の春枝(春に伸びた枝)によくつく(1~3月頃)。前年、実がついた枝には花芽はつかない。

  • 剪定では込み合う部分の枝を間引いて、樹冠内部まで日が当たるようにする。枝は開くように誘引すると花芽がつきやすくなる。

  • 仕立て方には開心自然形などが向く。

隔年結果

  • ミカンなどの柑橘類は、前年、実がついた枝には花芽がつかないため、ほかの果樹に比べ、隔年結果(着果の多い表年と着果の少ない裏年を交互に繰り返すこと)しやすい。

  • 対策として、前年が表年だった場合は、不要枝を間引く程度の軽い剪定にとどめて、花芽をできるだけ残し、前年が裏年だった場合は、切り返し剪定を多めに行い、結果母枝(春枝)を多く発生させるようにする。

  • 切り返し剪定をするときは、夏枝・秋枝を切り返す。春枝+夏枝のように伸びた枝では、春枝と夏枝の境のところで切り返す。春枝+夏枝+秋枝のように伸びた枝では、夏枝の中間で切り返す。

  • 春枝・夏枝・秋枝の見分け方は次のとおり。春枝は節間が短く充実している。夏枝は節間が広く、葉が大きい。秋枝は節間が広く、貧弱なものが多い。春枝は剪定したときの断面が円形だが、夏枝・秋枝は断面が三角形。

タイトルとURLをコピーしました