ラズベリー・ブラックベリーの育て方

栽培カレンダー

ラズベリー・ブラックベリーの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 ラズベリー / ブラックベリー
画像
ラズベリーの写真ブラックベリーの写真
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 2年
受粉樹 不要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。ラズベリーは夏に冷涼な気候を好み、関東地方以北での栽培に適する。ブラックベリーは関東地方以西での栽培に適する。適正な土壌pHは5.5~7.0。
花芽分化 7~8月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 11月、または3月
収穫時期 ラズベリーの収穫は、果実をつまんで引っ張ると花托から果実が簡単に離れるようになった頃に行う。ブラックベリーは果実全体が濃く色づき、やわらかくなったものから順次収穫する。

おすすめの品種

グレンモイ ラズベリー。赤実。トゲなし。アブラムシに強い。収穫は6~7月。
インディアンサマー ラズベリー。赤実。トゲあり。二季なり。収穫は6~7月と9~10月。
ファールゴールド ラズベリー。黄実。トゲあり。収穫は7~8月。
ソーンフリー ブラックベリー。黒実。トゲなし。収穫は7月。
トリプルクラウン ブラックベリー。黒実。大果。トゲなし。収穫は7月。

生態・特徴

ラズベリーやブラックベリーはバラ科キイチゴ属に属するキイチゴ(木苺)の仲間。果実の色には赤や黒、紫、黄色などがあり、生食のほか、ジャムや果実酒などに利用される。品種によってトゲのあるものやないもの、一季なりのものや二季なり(初夏と秋に収穫できる)のもの、樹姿が直立性のものや半直立性、ほふく性のものなどがある。

ラズベリーは一般に、ブラックベリーより耐寒性があり、寒冷地でも栽培できるが、暑さには弱いため、関東地方以北での栽培に適している。一方、ブラックベリーはラズベリーより耐寒性が劣るので、関東地方以西での栽培に適している。ともに自家結実性があり、1本でも結実するので受粉樹は必要としない。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは11月頃、または3月頃に行う。苗木は高さ20cm前後で切り返して植える。肥料は毎年、11月に有機質肥料、2月と収穫後に化成肥料を与える。

収穫

ラズベリーの収穫は、果実をつまんで引っ張ると花托から果実が簡単に離れるようになった頃に行う。ラズベリーは熟すと果実と花托が離れやすくなる。収穫した果実は中が空洞なので、つぶさないよう注意する。

ブラックベリーの収穫は、果実全体が濃く色づいて、やわらかくなった頃に行う。収穫時期になったものから順次、ヘタごと摘み取って収穫していく。ブラックベリーはラズベリーと異なり、熟しても果実と花托は離れず、花托ごと収穫できるので果実がつぶれにくい。

剪定

剪定は夏季(6月頃)と冬季(12月上旬から2月下旬頃)に行う。一季なり性の品種は、新梢の葉腋に花芽がつき、翌年、開花結実する。二季なり性の品種では、さらに、春に発生したシュート(株元から出る枝)の先端にも花芽がつき、夏から秋にかけて開花結実する。

夏季剪定では、実をつける側枝を増やすため、直立性品種の場合、今年発生した1年目のシュートを長さに応じて、株元から15~25節で切り返す(長い枝は20~25節が目安)。半直立性・ほふく性品種の場合は、30~40節で切り返す。花芽分化期は7~8月なので、間に合うよう、早めに夏季剪定は済ませておく。

実のついた枝(結果母枝)は冬までに枯れるので、冬季剪定では、実のついた枝を株元から間引く。ただし、二季なり性の品種では、秋に実がついた枝の下の部分は、翌年の結果母枝となるので間引かずに残しておく(枝は枯れない)。そのほか、新梢(側枝など)の先端は1~3節切り返し、混み合った部分の枝や弱い枝は間引く。直立性の品種は株仕立て、半直立性・ほふく性の品種は垣根仕立てが向く。


[PR] ブラックベリーとラズベリーの交配種 イチゴ大の果実 タイベリー メジーナ 果樹苗
スポンサーリンク