カリン・マルメロの育て方

栽培カレンダー

カリン・マルメロの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 カリン / マルメロ
画像
カリンの写真マルメロの写真
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 4~5年
受粉樹 カリンは不要、マルメロは必要。
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。雨が少なく、夏に冷涼な気候を好む。寒さに強く、北海道南部以南で栽培が可能。
花芽分化 7~8月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 果実が黄色になり、特有の芳香がするようになった頃。

おすすめの品種

マルメロ マルメロ。果重200g。収穫は10月。
カリン カリン。果重300~500g。1本でも結実する。収穫は10~11月。

生態・特徴

カリンは中国原産、マルメロは中央アジア原産。ともに果実は、果実酒やジャム、ゼリーなどに加工して利用される(固いため生食には適さない)。カリンは自家結実性があり、1本でも結実するが、マルメロは自家結実性が弱く、安定して結実させるには受粉樹(他品種)が必要となる。ともに寒さには強く、北海道南部以南で栽培が可能。

カリンとマルメロは果実の色や形状が似ていることから間違われる場合があるが、果実の表面に毛がないのがカリンで、果実の表面に綿毛が生えているのがマルメロ。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月上旬から3月下旬頃に行う。苗木は高さ50~60cm程度で切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料、3月に化成肥料を与える。

受粉

カリンは自家結実性があり、1本でも結実するが、開花したら筆先で花の雄しべの花粉を雌しべにつけて人工授粉してやると、さらに安定して結実する。マルメロは自家結実性が弱いので、開花したら、確実に結実させるため、他品種の花粉(ナシの花粉でもよい)をつける人工授粉を行う。

摘果

結実したら、5月下旬から6月上旬頃に摘果を行う。カリンは葉50枚あたり1果となるように、小果や変形果、病害虫果などを摘み取る。マルメロは小中果種で葉40~50枚あたり1果、大果種で葉60~80枚あたり1果が目安。

袋かけ

果実に袋かけをする場合は摘果後に行う。無袋栽培もできるが、袋かけをすれば、病害虫の被害を防ぐことができる。

収穫

収穫は果実が緑色から黄色になって、特有の芳香がするようになった頃に行う。

剪定

剪定は12月上旬から2月下旬頃に行う。カリンの花芽は短果枝によくつく。マルメロの花芽は新梢の先端付近によくつく。切り返し剪定はなるべく控えて、込み合った部分の枝を間引く、間引き剪定を主体にして、樹冠内部までよく日が当たるようにする。徒長気味の長い枝は先端1/3程度を切り返して短果枝の発生を促す。仕立て方は変則主幹形などが向く。


[PR] 在来種とスミルナの交配種 マルメロ/かおり 15cmポット
スポンサーリンク