ナシの育て方

栽培カレンダー

ナシの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 ナシ
画像
ナシの写真
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 3~4年
受粉樹 必要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。日本ナシは全国的に栽培が可能だが、西洋・中国ナシは冷涼で雨の少ない東北地方以北での栽培に適する。
花芽分化 6~7月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 12月、または3月
収穫時期 日本ナシの場合は、果実を持ち上げたときに果梗がとれるようになった頃。西洋ナシの場合は、満開日からの日数を目安に収穫する(追熟が必要)。

おすすめの品種

なつしずく 日本ナシ(青)。果重330g前後。収穫は8月。
幸水 日本ナシ(赤)。果重300g。代表的品種。収穫は8月。
豊水 日本ナシ(赤)。果重350g。代表的品種。収穫は9月
あきづき 日本ナシ(赤)。果重450~500g。収穫は9月。
ラ・フランス 西洋ナシ。果重250~300g。食味はねっとり。収穫は10月。

生態・特徴

ナシには日本ナシ、西洋ナシ、中国ナシの3種がある。日本ナシは全国的に栽培できるが、西洋・中国ナシは冷涼で雨の少ない気候を好むため、東北地方以北での栽培に適している。日本ナシには果皮が黄褐色の赤ナシ(幸水・豊水など)と果皮が黄緑色の青ナシ(二十世紀など)があり、赤ナシのほうが栽培がしやすい。日本ナシは樹上で完熟するため、収穫後すぐに食べられるが、西洋・中国ナシは収穫後の追熟処理が必要。

ナシは一部の品種を除いて、自分の花粉では受粉しないので、結実させるには他品種を混植して受粉させる。よく結実させるには、幸水と豊水、ラ・フランスとバートレットなど、相性のよい組み合わせで植えるとよい。西洋ナシと日本ナシの組み合わせでもよい(例:ラ・フランスと幸水・豊水)。ただし、日本ナシでは新高と豊水のように交配しない組み合わせもあるので注意する(交配不親和性)。また、マルメロ、カリン、リンゴの花粉でも受粉は可能。

生垣などに利用されるカイヅカイブキ(ビャクシン類)は、ナシの病気の一つである赤星病の病原菌を媒介するので、ビャクシン類の近くにはナシを植えないようにする。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月頃、または3月頃に行う。苗木は高さ60~70cm程度で切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料、3月と収穫後に化成肥料を与える。

受粉

開花したら、確実に結実させるために人工授粉を行う。ナシは1花そうに8~10花ほど咲くが、果実の肥大のよい、外側から3~4番目の花の雌しべに別品種の花粉をつけて受粉させる。1花で5~6花に受粉できる。

摘果

摘果は2回に分けて行う。最初の摘果は花の満開後20日頃までに行い、1果そうに1果を残して、極小果や奇形果、病害虫果などを摘み取る。2回目の摘果は満開後45日頃までに行い、3~4果そうに1果となるよう摘果する。

袋かけ

果実に袋かけをする場合は2回目の摘果後に行う。無袋栽培もできるが、袋かけをすれば、病害虫の被害を防ぐことができる。

収穫

日本ナシの場合、樹上で完熟させてから収穫する。日本ナシは熟すと、果実を持ち上げたときに果梗がとれるようになり、収穫後、すぐに食べられる。西洋・中国ナシの場合は、収穫後に一定期間(品種によって異なる)の追熟が必要。

西洋ナシの収穫時期の目安は、ラ・フランスで満開後165日前後、ル・レクチェで満開後170~175日(いずれも山形県の場合)。追熟期間はラ・フランスの場合、収穫後、冷蔵庫に10日間入れてから、15℃の室内で15日間。ル・レクチェは冷蔵庫に10日間入れてから、15℃で30日間。

剪定

剪定は12月上旬から2月下旬頃に行う。花芽は新梢の先端付近や短果枝によくつく。剪定では徒長枝や込み合った部分の枝などを間引き、日当たりをよくする。長く伸びた短果枝のついていない枝は先端の2~3芽を切り返すと、短果枝がつきやすくなる。また、上に伸びる枝は水平に誘引することで、短果枝がつきやすくなる。仕立て方は変則主幹形、棚仕立て、エスパリエ仕立てなどが向く。


[PR] 巨大梨 大きいものは2kgにもなる 果樹の苗/ナシ:あたご(愛宕)4号ポット
スポンサーリンク