ワケギの育て方

栽培カレンダー

ワケギの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称ワケギ
画像
科名ヒガンバナ科
草丈30~40cm
栽培適地日当たりの良い場所で育てるのがよいが、半日陰でも育つ。ネギより耐寒性は劣る。温暖な地域での栽培に向く。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温
生育適温15~20℃。10℃以下で生育は衰え、5℃以下になると生育が停止する。
植付時期8月中旬から9月上旬
収穫時期草丈20~30cmになった頃。
連作障害あり(1~2年)
収穫量の目安

植付場所

畝のサイズ畝幅(上面幅)60cm、畝の高さ10cm。
条間20~30cm
株間15~20cm
覆土種球の先端が地表から少し出るくらいの深さに植え付ける。

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量100g/m2
元肥の施し方全面施肥
元肥化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥化成肥料30g/m2(1回あたり)

生態・特徴

ヒガンバナ科の多年草。ワケギは8~9月頃に種球(鱗茎)を植え付けて栽培し、葉や鱗茎を薬味や和え物などに利用する。冬は地上部がほとんど枯れるが、春になると再び、芽を出して成長を始める。ワケギは分げつ力が強く、生育中、旺盛に分げつして株を増やしていく。5月頃になると地上部が枯れて一時休眠するので、鱗茎を掘り上げて保存する。8~9月頃になったら、保存しておいた鱗茎を種球として植え付ける。ワケギの栽培は毎年、この繰り返しとなる。

ワケギとよく似たアサツキも、ワケギとほとんど同じ方法で栽培できる。寒冷地ではワケギよりアサツキの栽培が適している。なお、ワケギはほとんどとう立ちしない。(関連記事:アサツキの育て方

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

植え付け・追肥

種球の植え付けは8月中旬から9月上旬頃に行う。種球は1箇所に2球ずつ、立てて植える。追肥は草丈が10cmになった頃に施し、併せて株元にかるく土寄せをする。

収穫

収穫は草丈が20~30cmになった頃に行う。株元を3cmくらい残して、葉を刈り取る。収穫後、葉が再び伸びてくる。収穫後は追肥を施して、葉の成長を促す。鱗茎ごと収穫することもできる。

鱗茎の保存

ワケギは5月頃、地上部が枯れて休眠に入るので、地上部が枯れたら、鱗茎を掘り上げ、風通しの良い日陰(軒下など)で保存する。8月中旬以降になったら、種球として植え付ける。

プランター栽培

プランターで栽培する場合は、深さが15cm以上あるプランターを用いて、株間10~15cmで植え付ける。


スポンサーリンク