ヤーコンの育て方

栽培カレンダー

ヤーコンの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称 ヤーコン
画像
ヤーコンの写真
科名 キク科
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。高温や乾燥には弱い。適正な土壌pHは5.0~6.0。
生育温度 萌芽適温・生育適温ともに15~23℃。25℃以上になると生育は停滞する。
植付時期 4月下旬から5月中旬
収穫時期 10月下旬から11月下旬頃。霜が降りる前。
連作障害 あり(2~3年)
収穫量の目安 1株あたり2kg

植付場所

畝のサイズ 畝幅(上面幅)90cm、畝の高さ10cm(1条植え)。
条間
株間 50cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの品種

サラダオカメ 多収。甘みが強い。サラダなどに。
アンデスの乙女 表皮は赤紫色。多収。裂根が少ない。
アンデスの雪 多収。裂根が少ない。貯蔵性に優れる。

生態・特徴

ヤーコンは南米アンデス地方原産の草丈1.5~2mほどになるキク科の多年草。地中にできる塊根を食用とし、サラダや炒め物、漬け物などに利用する。塊根には甘味があり、生でも食べられるのが特徴。葉は摘み取って乾燥させれば、ヤーコン茶として利用できる。塊根の付け根にできる小さな塊茎は、翌年の種芋として利用できる(塊根は芽がないため種芋には利用できない)。

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

植え付け・追肥

苗の植え付けは4月下旬から5月中旬頃に行う。ヤーコンは草丈が高くなるので、植え付け場所に注意する。強風の当たらない場所で、なおかつ、他の野菜の成長の邪魔(日当たりなど)にならない場所を選ぶ。追肥は本葉6枚と本葉8~10枚の頃に施し、併せてかるく土寄せをする。

種芋(塊茎)から育てる場合は、3月上・中旬頃に種芋の芽を上にしてポットに植え付け(覆土1cm)、本葉4~5枚になるまで育苗をしてから定植をする。塊茎は芽をつけて10~20g程度に切り分けたものを用いる。

収穫

塊根(芋)の収穫は10月下旬から11月下旬頃、霜が降りる前に行う。地上部を刈り取り、スコップを株の周囲に入れて掘り上げる。収穫が遅れると、裂開しやすくなる。葉をお茶に利用する場合は、霜が降りる前に葉を摘み取り、乾燥させてから利用する。

保存方法

塊根を保存する場合は、ポリ袋に入れて、5~10℃くらいの冷暗所に置く。塊茎の場合は、塊根と同じく冷暗所に置いておくか、地中に埋めておく。

プランター栽培

プランターや鉢で栽培する場合は、深さ40cm以上の大型プランターで株間30cm、10号鉢で1株が目安。肥料袋をつかった袋栽培もできる。


スポンサーリンク