野菜の育て方

シュンギクの育て方・栽培方法

シュンギクの写真 シュンギク(春菊)の育て方・栽培方法です。関東地方を基準にした栽培の手順を紹介します。
栽培難易度 (易しい)
種まき時期 4月上旬~5月中旬、9月上旬~10月上旬
収穫時期 5月~6月、10月~12月
シュンギクの栽培カレンダー
種まき収穫
スポンサーリンク

シュンギクはこんな野菜

  • キク科の野菜。生育適温は15~20℃。27℃以上は生育が悪くなる。冷涼な気候を好む。発芽適温は15~20℃。発芽温度は10~35℃。適正土壌pHは5.5~6.5。毎年同じ場所で栽培すると連作障害が発生するので、1~2年あける。

  • シュンギクは葉の大きさと形状によって、大葉種、中葉種、小葉種に大別される。栽培が多いのは中葉種。

  • 品種には、側枝の発生が多い『きわめ中葉春菊』、肉厚で苦みがほとんどない『菊之助』、生食できる茎シュンギク『スティックシュンギク』などがある。

シュンギクの育て方(1) 土作り

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を100g/m²散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

  • 1週間前になったら、元肥として、牛糞堆肥3L/m²、化成肥料(8-8-8)100g/m²を均一に施して、土とよく混ぜ、高さ10cmの畝を立てる(全面施肥)。

シュンギクの育て方(2) 種まき

  • シュンギクの種まき時期は4月上旬から5月中旬(春まき)と9月上旬から10月上旬(秋まき)。

  • シュンギクは春まきと秋まきができるが、冷涼な気候を好むので、秋まきのほうが栽培しやすい。

  • 種は条間15~20cmのすじまきにする(好光性種子なので覆土は薄くする)。本葉が出たら間引きはじめ、本葉4~5枚になったら株間15cmにする。シュンギクの種は発芽率が悪いので、多めにまく。発芽には3~5日かかる。種は一晩、水に漬けておくと発芽しやすくなる。

  • マルチを使用するときは、15x15cm間隔で穴のあいた黒マルチを使用して点まきにする。

シュンギクの育て方(3) 追肥

  • 追肥(化成肥料30g/m²)は本葉4~5枚の頃に施す。

シュンギクの育て方(4) 収穫

  • シュンギクの収穫時期は5~6月と10~12月。

  • 収穫方法には、伸びてきた側枝を摘み取る方法(摘み取り収穫)と、株ごと抜き取る方法(抜き取り収穫)がある。摘み取り収穫をすれば、長期間収穫できる。春まきはとう立ちするので、抜き取り収穫にする。

  • 摘み取り収穫をする場合は、草丈が20cmになったら、本葉4~5枚を残し、主枝を摘み取る。その後、側枝(わき芽)が次々と伸びてくるので、側枝に葉2枚を残して、それより先を摘み取る。収穫が始まったら、2週間ごとに追肥を施す。

  • 抜き取り収穫をする場合は、草丈が20cmになったら、株ごと抜き取って収穫する。

シュンギクのプランター栽培

  • プランターで栽培する場合は、幅65cmの標準プランターを使用する。条間10~15cmの2条まきにして、最終的に株間10~15cmにする。


この記事のタグ

タイトルとURLをコピーしました