野菜の育て方

キャベツの育て方

キャベツの育て方です。キャベツは2月~3月(春まき)と7月~8月(夏まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月と10月~12月と4月~5月です。球が肥大して硬く締まっていたら収穫します。結球野菜の代表です。
野菜の育て方

キュウリの育て方

キュウリ(胡瓜)の育て方です。キュウリは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~8月です。果実の長さが18~20cmくらいになったら収穫します。雌雄異花ですが受粉しなくても実がつきます。加熱調理向きの品種もあります。
野菜の育て方

クウシンサイ(エンサイ)の育て方

クウシンサイ(エンサイ)の育て方です。クウシンサイ(空心菜)は5月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~10月です。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫します。茎内部が空洞になっているのが特徴です。高温多湿を好みます。
野菜の育て方

ケールの育て方

ケールの育て方です。ケールは3月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~3月です。葉の長さが30~40cmくらいになったら収穫します。青汁用の野菜として知られていますが、若い葉はサラダや油炒めなどにも利用できます。
野菜の育て方

ゴーヤーの育て方

ゴーヤー(ニガウリ)の育て方です。ゴーヤーは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~10月です。果実の長さが20cmくらいになったら収穫します。果実には独特の苦味があります。つる性なので、窓際で育てれば緑のカーテンとしても利用できます。
野菜の育て方

コールラビの育て方

コールラビの育て方です。コールラビは3月~4月(春まき)と7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と10月~11月です。球茎の直径が5~6cmの頃に収穫します。地際の茎がカブのように肥大する、キャベツの仲間です。
野菜の育て方

ゴボウの育て方

ゴボウ(牛蒡)の育て方です。ゴボウには長根種と短根種があります。家庭菜園では栽培の容易な根長40cm前後の短根種がおすすめです。短根種は4月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~1月です。根径1~2cmになったら収穫します。
野菜の育て方

コマツナの育て方

コマツナ(小松菜)の育て方です。コマツナは3月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~12月です。草丈が15~20cmになったら収穫します。コマツナは収穫までの期間が比較的短く、ほぼ1年中栽培できます。
野菜の育て方

ササゲの育て方

ササゲの育て方です。ササゲは4月~7月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~9月です。種子が少し肥大した頃に収穫します。ササゲは盛夏でも旺盛に生育するマメ科の野菜です。長さ30~60cmにもなる若サヤを食用にします。
野菜の育て方

サツマイモの育て方

サツマイモ(薩摩芋)の育て方です。サツマイモは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~11月です。葉がやや黄色くなり始めた頃に収穫します。肥料に窒素分が多いと、茎葉ばかりが成長して、芋の肥大が悪くなるので、肥料の与え過ぎに注意します。
野菜の育て方

サトイモの育て方

サトイモ(里芋)の育て方です。サトイモは4月~5月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。霜が降りる前に収穫を終えるようにします。サトイモは種芋の上に芋ができます。生育中、芋を太らせるため、忘れずに土寄せを行います。
野菜の育て方

サヤインゲンの育て方

サヤインゲンの育て方です。サヤインゲンは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~8月です。さやの長さが12cm以上になったら収穫します。つるあり種とつるなし種がありますが、つるあり種のほうが収穫期間は長めです。
野菜の育て方

サヤエンドウ、スナップエンドウの育て方

サヤエンドウ、スナップエンドウの育て方です。どちらも10月~11月に種をまいて、4月~6月に収穫します。サヤエンドウは種子が肥大する前、スナップエンドウは種子が十分肥大した頃に収穫します。つるあり種とつるなし種(矮性種)があります。
野菜の育て方

シソの育て方

シソ(紫蘇)の育て方です。シソは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~9月です。下葉から順次摘みとって収穫します。青ジソは料理の添え物や天ぷらなどに、赤ジソは梅干しの色づけなどに利用されます。青ジソは大葉とも呼ばれます。
野菜の育て方

ジネンジョ、ナガイモ、ツクネイモの育て方

ジネンジョ(自然薯)、ナガイモ(長芋)、ツクネイモ(捏芋)の育て方です。いずれも4月~5月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。地上部が枯れてきた頃に収穫します。ジネンジョは長さ1m以上にもなる芋です。ヤマイモ(山芋)と呼ばれることもあります。
野菜の育て方

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方です。ジャガイモは2月~3月(春植え)と8月~9月(秋植え)に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。茎葉が枯れてきたら収穫します。芋は種芋の上にできるので、生育中、何度か土寄せを行います。
野菜の育て方

シュンギクの育て方

シュンギク(春菊)の育て方です。シュンギクは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。生食に適したサラダ用の品種もあります。
野菜の育て方

ショウガの育て方

ショウガ(生姜)の育て方です。ショウガは4月~5月に種ショウガを植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月と10月~11月です。夏に収穫すれば葉ショウガとして、秋に収穫すれば根ショウガとして利用できます。特有の辛味があります。
野菜の育て方

スイカの育て方

スイカ(西瓜)の育て方です。スイカは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。受粉後35~45日が収穫の目安です。栽培には広いスペースが必要ですが、小玉スイカならプランターでも栽培できます。
野菜の育て方

スイスチャードの育て方

スイスチャードの育て方です。スイスチャードは4月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。葉柄の色がカラフルなのが特徴です。耐暑性が強く、夏でも栽培できます。
野菜の育て方

ズッキーニの育て方

ズッキーニの育て方です。ズッキーニは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~8月です。果実が長さ20cm程度になったら収穫をします。果実だけでなく若い花も食用になります。つるは伸びませんが、カボチャの仲間です。
野菜の育て方

セロリの育て方

セロリの育て方です。セロリは5月~6月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~12月です。草丈が30~40cmになったら収穫します。セロリは独特の強い芳香と歯ごたえが特徴の香味野菜です。繊維質も豊富です。
野菜の育て方

ソラマメの育て方

ソラマメ(空豆)の育て方です。ソラマメは10月~11月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月です。上を向いていたサヤが下を向くようになったら収穫します。花芽分化に低温が必要なので通常、秋まきで栽培します。生食できる品種もあります。
野菜の育て方

ターサイの育て方

ターサイ(タアサイ)の育て方です。ターサイは4月~5月(春まき)と8月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~2月です。株の直径が20~25cmの頃に収穫します。寒さにあたると甘味が増すので、秋からの栽培が最適です。
野菜の育て方

ダイコンの育て方

ダイコン(大根)の育て方です。ダイコンは4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月と10月~12月です。根径が6~7cmになった頃に収穫します。冷涼な気候を好むので、秋からの栽培がおすすめです。
野菜の育て方

タマネギの育て方

タマネギ(玉葱)の育て方です。タマネギは9月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月です。全株の8割の株の葉が倒れた頃に収穫します。中晩生種なら、収穫後、長期保存ができます。苗や子球を植え付けて栽培することもできます。
野菜の育て方

チョロギの育て方

チョロギの育て方です。チョロギは3月~4月に塊茎を植え付けて栽培します。収穫時期は11月~12月です。茎葉が枯れはじめた頃に収穫します。チョロギは巻貝みたいな形をしています。梅酢で赤く染めて、おせち料理などに使用します。
野菜の育て方

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方です。チンゲンサイは4月~5月(春まき)と9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と10月~11月です。草丈が15~20cmの頃に収穫します。短期間で収穫できるミニサイズのチンゲンサイもあります。
野菜の育て方

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキの育て方です。ツルムラサキは5月~6月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~10月です。やわらかいつる先を順次摘み取って収穫します。ツルムラサキはつる性の野菜で、暑さに強く、夏でも旺盛につるが伸びます。
野菜の育て方

テーブルビートの育て方

テーブルビート(ビーツ)の育て方です。テーブルビートは3月~4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。根の直径が5~6cmの頃に収穫します。煮込み料理のボルシチには欠かせない食材です。