オクラの栽培方法・育て方

オクラの栽培時期

オクラは4~5月に種をまいて栽培します。株間30~45cmで1箇所4粒の点まきにして、間引かずに4本立ちで育てます。開花したら2週間おきに追肥を施します。収穫時期は7~10月です。開花4~7日後、サヤが7~8cmの長さになったら収穫します。

オクラの栽培カレンダー

種まき(関東) 収穫

スポンサーリンク

オクラの基本情報

名称 オクラ
科名 アオイ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。暑さには強いが寒さには弱い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 25~30℃
生育適温 20~30℃。10℃で生育が停止する。
種まき時期 4月下旬から5月中旬
収穫時期 開花4~7日後、サヤの長さが7~8cm程度の頃。
連作障害 あり(1~2年)
収穫量 1株あたり30個
プランター 幅70cm、奥行き30cm、深さ30cm程度ある深型プランターで4~6株

畝幅・畝の高さ・株間・条間

畝幅 60cm(1条)
畝の高さ 10cm
株間 30~45cm

生態・特徴

  • オクラは開花後にできるサヤを若いうちに摘み取り、食用にする。

  • 品種によっては、サヤの形状(断面)が八角形や丸形のもの、サヤの色が赤色や白色のものなどがある。

  • サヤを刻むと出てくる、粘りの成分・ムチンには消化吸収を助ける働きがあり、夏バテ防止にも効果がある。

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を100g/m2散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

  • 1週間前になったら、元肥として化成肥料(8-8-8)100g/m2、ようりん50g/m2、完熟牛ふん堆肥3L/m2を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

  • 畝を立てたら、マルチ(黒マルチ)を張る。

種まき・苗の植え付け

  • 種まきは4月下旬から5月中旬頃に行う。

  • 移植を嫌うので直まきがよい。

  • 種は1箇所4粒の点まきにして(覆土1cm)、間引かずにそのまま育てる(4本立ち)。

  • 種は一晩、水につけて吸水させておくと発芽しやすくなる。

  • ポット育苗の場合は、本葉3~4枚になったら4本立ちのまま定植をする。育苗日数は30日程度。

追肥

  • 追肥(化成肥料30g/m2)は開花が始まった頃から2週間に1回程度施す。

収穫

  • 収穫は開花4~7日後、サヤが7~8cmの長さになった頃に行う。

  • サヤは成長が早いので、とり遅れないようにする。

  • 収穫するときは、収穫するサヤの下に2枚の葉を残して、それより下の葉を全部摘み取る(摘葉)。草勢が強いときは、収穫するサヤより下の葉を全部、摘み取ってもよい。

  • 摘葉(てきよう)することで、日当たりや風通しを良くして、病害虫の発生を抑えることができる。

オクラのプランター栽培

  • 幅70cm、奥行き30cm、深さ30cm程度ある深型プランターを使用する。

  • 株間30cmで2箇所に種をまく(1箇所2~3本立ち)。

アップルウェアー ファームプランター 深型700
アップルウェアー
幅700x奥行300x高さ320 容量36L

オクラのおすすめ品種

島オクラ
フタバ種苗
沖縄在来種の丸莢オクラ。獲り遅れても固くならない。
レッドサン
フタバ種苗
赤紫色の五角オクラ。節間が極めて短く、多花性で多収。曲がりが少ない。
ほしひめ
山陽種苗
多角形の白オクラ。従来の白オクラよりも甘味がある。
花オクラ
藤田種子株式会社
花を食べるオクラ。味は淡白で粘りがある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
シェアする
家庭菜園と実のなる木