オカワカメの育て方

オカワカメの写真
栽培の概略オカワカメは4月~6月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。厚みのある葉を随時、収穫します。雲南百薬、ぬるっぱなどの名称で販売されていることもあります。暑さに強い、つる性の野菜です。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

オカワカメの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称表記 オカワカメ、雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)、ぬるっぱ、アカザカズラ
科名 ツルムラサキ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てるのがよいが、半日陰でも育つ。暑さには強い。適正な土壌pHは6.0程度。
発芽適温
生育適温 20~30℃
植付時期 4月下旬から6月下旬
収穫時期 厚みのある葉を随時摘み取り、収穫する。

生態・特徴

  • 南米原産のつる性多年草。
  • 和名はアカザカズラだが、園芸店などでは、オカワカメ、雲南百薬、ぬるっぱなどの名称で販売されていることもある。
  • 主に葉を食用にする。
  • 葉は加熱するとぬめりが出るのが特徴。
  • 塊根やムカゴも食用になる。
  • 暑さに強く、夏場でも旺盛に生育する。

オカワカメの育て方

植え付け

  • 苗の植え付けは4月下旬から6月下旬頃に行う。
  • 株間30cmで苗を植え付け、つるを這わせるための支柱(ネット)を立てる。
  • ムカゴから栽培するときは、ムカゴの表面が見える程度に浅植えにする。

摘心

  • 本葉5~6枚になったら、摘心(先端部を摘みとる)をして、わき芽を伸ばす。

追肥

  • 追肥は2週間に1回程度施す。

収穫

  • 苗の植え付けから2ヶ月くらいたったら、厚みのある葉を摘み取り、収穫する。
  • 秋の開花後、地上部は枯れる。
  • 越冬させるときは、塊根に土をかぶせて、寒さから守る。

コンテナ栽培

  • 幅60cm、奥行きと深さが30cm以上ある大型プランターで2株を栽培する。