オカヒジキの育て方

オカヒジキの写真
オカヒジキは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~8月です。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫します。見た目がヒジキに似ていることからオカヒジキと呼ばれています。栄養価の高い野菜です。

栽培カレンダー

オカヒジキの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称 オカヒジキ
科名 ヒユ科
栽培適地 日当たりのよい場所で育てる。暑さに強い。適正な土壌pHは6.5~8.2。
発芽適温 20~25℃。10℃以上あれば発芽可能。30℃以上は発芽率が低下する。
生育適温 15~25℃
種まき時期 4月中旬から5月下旬
収穫時期 草丈が10cmになった頃から。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫する。
連作障害 あり(1~2年)
収穫量の目安

植付場所

株間 10cm
条間 20~30cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 150g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

生態・特徴

ヒユ科の一年草。オカヒジキは若い茎葉を摘み取って食用にする。オカヒジキは全国の海岸の砂地などに自生し、地上を這うように成長する。見た目がヒジキに似ていることからオカヒジキと呼ばれる。葉は多肉質で、噛むとシャキシャキとした歯ごたえがする。ミネラルやビタミン類を多く含み、栄養価は高い。

オカヒジキの育て方

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、高さ10cmの畝を立てる(全面施肥)。

種まき

種まきは4月中旬から5月下旬頃に行う。種はすじまきにして、発芽後、本葉が出たら間引き始め、本葉3~4枚で所定の株間にする。覆土は5mm。発芽には10~15日程度かかる。

オカヒジキの種には休眠がある。発芽率を高めたい場合は、種を一晩、水につけたあと、濡れたペーパータオルなどに包んで、冷蔵庫に10日程度入れてからまくとよい(休眠の打破)。

追肥

追肥は本葉が3~4枚の頃に施す。

管理

オカヒジキは生育中、土壌水分が不足したり、肥料不足になると茎葉がかたくなるので、乾燥や肥料切れに注意する。雑草の防除はこまめに行う。

収穫

播種後30日程度、草丈が10cm程度になったら、枝先を摘み取って収穫する(株元には2~3葉残す)。収穫後に追肥を施すと、側枝(わき芽)が伸びてくるので、枝先のやわらかいところ(枝先から10cmくらい)を順次摘み取って収穫する。蕾が見えるようになったら収穫を終える。

コンテナ栽培

幅65cmの標準プランターを使用する場合は、1条まきにして、株間は10cmにする。

おひたしや和え物で! 【おかひじき】(5ml)野菜種