ニンジンの育て方

ニンジンの写真
ニンジンは3月~4月(春まき)と7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~8月と11月~2月です。根の直径が4~5cmの頃に収穫します。根長15~20cmの五寸ニンジンが現在の栽培の主流です。

栽培カレンダー

ニンジンの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称 ニンジン
科名 セリ科
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。過湿に弱い。適正な土壌pHは5.5~6.5。
発芽適温 15~25℃。発芽温度は4~33℃。10℃では発芽に2週間以上かかる。
生育適温 18~21℃
種まき時期 春まきは3月中旬から4月上旬、夏まきは7月下旬から8月上旬
収穫時期 播種後110~120日、根の直径が4~5cmの頃。
連作障害 あり(1~2年)
収穫量の目安 1本あたり200g(五寸ニンジン)

植付場所

株間 15cm
条間 15cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、ようりん50g/m2(根の色づきが良くなる)、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの品種

ベーターリッチ 根長20cm。ニンジン臭が少ない。病気に強い。春まきもできる。
甘美人 根長15~18cm。ニンジン臭が少ない。甘みが強く、柿のような食感。
ベビーキャロット スティック型のミニニンジン。やわらかく甘みがある。サラダなどに。
ワンディッシュ 球型のミニニンジン。根部は直径3.5cm~4.0cm。

生態・特徴

ニンジンは春まきと夏まきができるが、次第に涼しくなっていく夏まきのほうがニンジンの生態に適している。現在の栽培の主流となっているのは、根長15~20cmの五寸ニンジン。そのほか、根長10cmほどの三寸ニンジンや根長30cm以上にもなる、金時ニンジンや島ニンジンなどもある。

ニンジンの育て方

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。同時に、根が変形(股根など)する原因となる、土中の石なども取り除いておく。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、高さ10cmの畝を立てる(全面施肥)。畝を立てたら、マルチを張る。

マルチは春まきの場合は黒マルチ、夏まきの場合は地温の上昇を抑える効果のある白黒マルチがよい。市販の穴あきマルチを使えば、穴をあける手間がかからない。

種まき

種まきは3月中旬から4月上旬頃(春まき)、7月下旬から8月上旬頃(夏まき)に行う。市販されているニンジンの種には、裸種子とコーティング種子(ペレット種子)がある。

種は1箇所に5~6粒まいて(裸種子の場合。コーティング種子の場合は3粒)、発芽後、本葉2~3枚になったら間引き始め、本葉5~6枚で1箇所1本にする。覆土は裸種子の場合は5mm、コーティング種子の場合は1cmにする。発芽まで乾燥させないようにする。発芽には7~10日ほどかかる。裸種子の場合は、一晩、水につけて吸水させておくと発芽しやすくなる。

ニンジンの種子は好光性種子といわれることもあるが、実際には光がなくても発芽するので、好光性については、あまりこだわらなくてよい。それより、発芽まで種子を乾燥させないことのほうが重要。

追肥

追肥は本葉2~3枚と5~6枚の頃に施す。

収穫

播種後110~120日、根の直径が4~5cmになったら引き抜いて収穫をする。冬に収穫をする場合は、12月中旬頃に株元に5cm程度の土寄せをして、寒害から守る。

コンテナ栽培

コンテナ栽培にはミニニンジンが適している。幅65cmの標準プランターを使用する場合、条間10~15cmの2条まきにして、株間5~6cmにする。播種後70~80日、根径が1.5cmくらいになったら(根がスティック形の品種の場合)、収穫をする。

外側が紫色 甘味が強いのでサラダなどに最適 にんじん【パープルスティック】種子