ナバナの育て方

ナバナの写真
栽培の概略ナバナは8月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~3月です。伸びてきたとう(花茎)を収穫します。とう立ちした、チンゲンサイやコマツナなどの葉菜類もナバナとして利用できます。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

ナバナの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称表記 ナバナ、菜花
科名 アブラナ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 20℃前後。
生育適温 20℃前後。
種まき時期 8月下旬から10月中旬
収穫時期 花茎が伸びて蕾が膨らんできた頃。または、1~2輪、咲いた頃。
連作障害 あり(1~2年)

植付間隔

株間 15~30cm
条間 30~40cm

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの品種

早陽一号 極早生。秋~冬どりに向く。
三陸つぼみ菜 東北地方で主に栽培されている。寒さに強い。
紅菜苔 花茎が赤紫色。中国野菜。
オータムポエム アスパラガスのような風味。別名アスパラ菜。
楽天市場で種・苗を探す 早陽一号三陸つぼみ菜紅菜苔オータムポエム

生態・特徴

  • ナバナはとう(花茎)を食べる野菜。
  • 低温にあうことで花芽ができて、とう立ちするので、秋まきで栽培するのが一般的(低温が必要ない品種もある)。
  • 専用の品種もあるが、家庭菜園では、収穫できずにとう立ちした、チンゲンサイやコマツナなどのアブラナ科の葉菜類も、ナバナとして利用することができる。

ナバナの育て方

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。
  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、高さ10cmの畝を立てる(全面施肥)。

種まき・植え付け

  • 種まきは8月下旬から10月中旬頃に行う。
  • 種は1箇所4~5粒の点まきにする(覆土1cm)。
  • 発芽後、順次間引いて、本葉4~5枚になったら1箇所1本にする。
  • 発芽には3~5日かかる。
  • セルトレイ(128穴)で育苗する場合は、1粒ずつまいて、本葉2~3枚になったら定植をする。
  • 育苗期間は2週間前後。

追肥

  • 追肥は本葉4~5枚の頃に施し、さらに、収穫が始まったら、1ヶ月に1回施す。

収穫

  • 花茎が伸びて、蕾が膨らんできた頃に収穫をする。
  • 開花前の花茎を10~20cmの長さで摘み取る。
  • 収穫後、わき芽(側枝)が次々と伸びてくるので、同様に収穫をする。
  • オータムポエムやコウサイタイ(紅菜苔)、サイシン(菜心)の場合は、1~2輪、咲いた頃に収穫をする。

コンテナ栽培

  • 幅65cmの標準プランターを使用する場合は、2~3株を栽培する。
楽天市場で種・苗を探す花蕾、茎、葉も食べる西洋なばな 【チーマ・ディ・ラーパ サレント】種子 小袋