ミョウガの栽培方法・育て方

ミョウガは3月~4月に地下茎または苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~10月です。開花前の蕾を収穫します。蕾のほか、軟化栽培した若茎も食べられます。半日陰の湿った場所を好みます。

ミョウガの栽培カレンダー

ミョウガの栽培カレンダー

植え付け(関東) 収穫

ミョウガの基本情報

名称 ミョウガ
科名 ショウガ科
草丈 80~100cm
栽培環境 半日陰の湿った場所を好む。強光や乾燥を嫌う。適正な土壌pHは5.0~7.0。
発芽適温 15~25℃
生育適温 20~23℃。30℃以上や14~15℃以下では生育が悪くなる。
植付時期 3月中旬から4月中旬
収穫時期 花ミョウガは夏から秋にかけて(7~10月頃)、随時、開花前の花蕾を摘み取る。ミョウガタケは5~6月頃、遮光した新芽の草丈が30~50cmになったとき。
連作障害 出にくい。ただし、1~2年あけたほうが無難。
収穫量 1株あたり200g
プランター 幅70cm、奥行き30cm、深さ30cm程度ある深型プランターで3~4株

畝幅・畝の高さ・株間・条間

畝のサイズ 畝幅60cm、畝の高さ10cm(1条植え)。
条間 2条植えにするときは畝幅を広げて条間45cmにする。
株間 20~30cm
覆土 5~6cm(種株の場合)

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥3L/m2
追肥 草丈が20~30cmに伸びた頃に化成肥料30g/m2。枯れた茎葉を刈り取ったあとに完熟牛ふん堆肥3kg/m2

おすすめの種・苗

ミョウガ
ノーブランド品
休眠期中の素掘り苗(裸苗)です。

生態・特徴

  • ミョウガ(茗荷)は東アジア原産のショウガ科の多年草。

  • 花ミョウガと呼ばれる開花前の蕾と、ミョウガタケと呼ばれる軟化栽培した若茎を食用にする。

  • 早生種、中生種、晩生種があり、夏(7~8月頃)に花蕾が出る早生種を夏ミョウガ、秋(9~10月頃)に花蕾が出る中生・晩生種を秋ミョウガという。

  • ミョウガは冬になると地上部は枯れるが、地下部は越冬し、翌春、再び萌芽する。

  • ミョウガは毎年、旺盛に地下茎を伸ばし、株を増やしていくので、定期的に株の間引きが必要となる。

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

種株または苗の植え付け

  • 種株(地下茎)、または苗を植え付けて栽培する。

  • 植え付けは、3月中旬から4月中旬頃に行う。

  • 種株は長さ15~20cmで切り分け、2~3芽ついたものを使用する。

  • 畝の中央に植え溝を掘って、種株の芽を上にして並べて、土を被せる。

  • 苗の場合は、植え穴をあけて植え付ける。

  • 本格的な収穫は2年目からとなる(1年目でも収穫はできるが量は少ない)。

ワラを敷く

  • 萌芽したら、土壌の乾燥を防止するため、株元に敷きワラをする。

  • 敷きワラは、花蕾の緑化防止にも効果がある。

追肥

  • 草丈が20~30cmに伸びた頃に化成肥料を施す。

枯れた茎葉の刈り取り

  • 冬になり、茎葉が枯れたら、枯れた茎葉を株元から刈り取る。

  • 枯れた茎葉を刈り取ったら完熟牛ふん堆肥を施す。

収穫

  • 花ミョウガの場合は、夏から秋にかけて(7~10月頃)、随時、収穫をする。

  • 早生種は7~8月頃、中生・晩生種は9~10月頃が収穫時期。

  • 株元から顔を出した、開花前の蕾を根元から切り取る。

  • 開花すると品質が低下するので、こまめに株元を確認する。

  • ミョウガタケは若茎を遮光して軟化栽培したもので、5~6月頃に収穫をする。

  • ミョウガタケを収穫する場合は、萌芽前に、高さが50cm以上ある箱を株にかぶせて遮光し、萌芽したら、草丈5~6cmと草丈15cmの頃の2回、それぞれ、5時間ほど、箱の下を少し開けて光を当てる。

  • 光を当てることで、茎にきれいな紅色がつく(紅つけ)。

  • 草丈が30~50cmに伸びたら、箱を取り除いて、茎を切り取って収穫する。

株の間引き

  • 種株の植え付け後、4~5年ほどたつと、地下茎が込み合って、生育が悪くなってくるので、12~3月に株の間引きを行う。

  • 50cmおきにスコップ幅(20~25cm)の溝を掘り、地中の地下茎を取り除いたのち、溝を埋め戻す。

プランター栽培

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
シェアする
家庭菜園と実のなる木