ミズナの育て方

ミズナの写真
栽培の概略ミズナは9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~2月です。小株どりの場合、草丈が20cm以上になったら収穫できます。大株になると葉数は数百枚にもなります。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

ミズナの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称表記 ミズナ、水菜
科名 アブラナ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好むが、暑さにも耐える。乾燥に弱い。寒さに強い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 20~30℃
生育適温 15~25℃
種まき時期 9月
収穫時期 小株どりの場合は、草丈が20cm以上になった頃(播種後40~60日)。大株どりの場合は、草丈が30cm以上、株が張って大株になった頃。
連作障害 あり(1~2年)

植付間隔

株間 小株どりの場合は15cm、大株どりの場合は30cm。
条間 小株どりの場合は15cm、大株どりの場合は30cm。

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

生態・特徴

  • ミズナは京都の伝統野菜で、別名、キョウナ(京菜)ともいう。
  • ミズナは成長するにつれて葉数が増え、大株になると葉数は数百枚にもなる。大株で収穫したものは鍋物や漬物などに、小株で収穫したものは、サラダなどに利用される。
  • ミズナの変異種にはミブナ(壬生菜)がある。ミズナは葉に切れ込みがあるが、ミブナには切れ込みがない。ミズナもミブナも栽培方法は同じ。

おすすめの品種

京みぞれ
タキイ種苗
早生種。周年栽培できる。小株どりに向く。
紅法師
タキイ種苗
早生種。葉柄が赤紫色。サラダや漬物などに。
晩生千筋京水菜
農業屋
晩生種。耐寒性に優れる。分けつ力が旺盛。

ミズナの育て方

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。
  • 1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、高さ10cmの畝を立てる(全面施肥)。
  • 畝を立てたらマルチ(黒マルチ)を張る。

種まき

  • 種まきは9月頃(秋まき)に行う。
  • ミズナは周年栽培できるが、家庭菜園では秋まきが育てやすい。
  • 種は1箇所3~5粒の点まきにする(覆土5mm)。発芽後、順次間引いて、本葉3~4枚になったら、小株どりの場合は1箇所2本(2本立ち)、大株どりの場合は1箇所1本にする(1本立ち)。発芽には3日程度かかる。

追肥

  • 追肥は本葉5~6枚の頃に施す。大株どりの場合は、さらにその1ヶ月後にも追肥を施す。

収穫

  • 小株どりの場合、草丈が20cm以上になったら収穫できる(播種後40~60日)。
  • 収穫するときは、株元から切り取る。
  • 大株どりの場合は、さらに育てて、草丈30cm以上、株が張って大株になった頃に収穫する。

コンテナ栽培

  • 幅65cmの標準プランターを使用する場合は、条間10~15cmの2条まきにして、小株で収穫する。
京みぶ菜 京錦
タキイ種苗
収穫サイズはお好み次第!生育旺盛で作りやすい!