コリアンダー(パクチー)の育て方

コリアンダー(パクチー)の写真
栽培の概略コリアンダー(パクチー)は3月~4月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は3月~8月です。草丈が20cmくらいになったら、随時、若い葉を摘み取って収穫します。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

コリアンダー(パクチー)の栽培カレンダー
種まき(関東) 開花 収穫(葉・種)

基本情報

名称表記 コリアンダー(パクチー)
科名 セリ科(一年草)
草丈 50~80cm
利用部位 葉、茎、種、根
栽培環境 日当たりの良い場所で育てるのがよいが、半日陰でも育つ。寒さには強い。
発芽適温 20~25℃
生育適温 18~25℃
種まき時期春まきは3月上旬から4月下旬、秋まきは9月上旬から10月下旬
収穫時期 草丈が20cmくらいになったら、若い葉を摘み取って収穫。種子を収穫する場合は、開花後、種が茶色になったら茎ごと刈り取り、乾燥させて保存。
株間 10~20cm
覆土 種が隠れる程度に薄く

生態・特徴

  • セリ科の一年草で、葉はエスニック料理の風味づけ、種子はカレーのスパイスなどに利用される。
  • 葉にはクセのある強い香りがあり、人によって好き嫌いが分かれやすい。
  • 葉と種子では香りが異なり、種子は甘い香りがする。
  • コリアンダーは中国では香菜(シャンツァイ)、タイではパクチーと呼ばれる。

コリアンダー(パクチー)の育て方

種まき・植え付け・肥料

  • 種まきは3月上旬から4月下旬頃(春まき)と9月上旬から10月下旬頃(秋まき)に行う。
  • 関東以西では秋まきにしたほうが、大株に育ち、収穫量も増える。
  • 移植を嫌うので、種まきは直まきにする。
  • 丸い種の中に本当の種が2つ合わさっているので、板などでこすって2つに割り、一晩、水につけてからまくと発芽率がよくなる。
  • 種は1箇所に4~5粒まき、発芽後に順次、間引いて、本葉4~5枚で1箇所1本にする。
  • 市販の苗を植え付けるときは、根鉢を崩さずに植える。
  • 肥料は2ヶ月に1回与える。

管理

  • 夏場の強い直射日光は嫌うので、夏場には寒冷紗などで遮光して半日陰になるようにする。

収穫

  • 草丈が20cmくらいになったら、随時、若い葉を摘み取って収穫する。
  • 種子を収穫する場合は、開花後、種が茶色になった頃に茎ごと刈り取り、日陰で乾燥させる。
  • 花が咲くと、葉が硬くなり、香りも落ちるので、葉だけを利用するときは、花を摘み取るようにする。
  • 根もスープの香りづけに利用できる。

コンテナ栽培

  • プランターで栽培する場合は、幅60cmのプランターで7~8株、5号鉢で1株が目安。