コマツナの育て方

コマツナの写真
コマツナは3月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~12月です。草丈が15~20cmになったら収穫します。コマツナは収穫までの期間が比較的短く、ほぼ1年中栽培できます。

栽培カレンダー

コマツナの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称 コマツナ
科名 アブラナ科
栽培適地 日当たりの良い場所がよいが、半日陰でも育つ。寒さや暑さに比較的強い。適正な土壌pHは5.5~6.5。
発芽適温 20~30℃。発芽温度は5~35℃。
生育適温 15~25℃。生育温度は5~35℃。低温には強く、0℃でも枯死しない。
種まき時期 3月中旬から10月中旬
収穫時期 草丈が15~20cmになった頃。播種後30~40日。
連作障害 少ない
収穫量の目安

植付場所

株間 5~6cm
条間 15~20cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 100g/m2
元肥の施し方 全面施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2

おすすめの品種

きよすみ 周年栽培可能。病気に強い。葉が折れにくい。
夏の甲子園 夏まきに向く。乾燥や病気に強い。最適播種期は夏の高校野球が終了するまで。
楽天 秋冬まきに最適。大葉で株張りがよく多収。
むらさき祭 赤紫色のコマツナ。えぐみが少なく食味がよい。サラダにも向く。

生態・特徴

コマツナ(小松菜)は種まきから収穫までの期間が30~40日と短く、初心者でも失敗が少ない野菜。ほぼ1年中、栽培できるが、家庭菜園では秋からの栽培がおすすめ。低温にあたることで甘味も増す。コマツナは虫がつきやすい野菜なので、害虫の多い時期は防虫ネットなどで覆って栽培する。

コマツナの育て方

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、高さ10cmの畝を立てる(全面施肥)。

種まき

種まきは3月中旬から10月中旬頃に行う。種は畝の縦方向、横方向、どちらにまいても構わない。種はすじまきにして(覆土は5mm)、発芽後、本葉が出たら間引き始め、草丈7~8cmで所定の株間にする。発芽には4~5日かかる。

マルチを使用する場合は、株間15cm、条間15cmの穴あきマルチを張り、1箇所に4~5粒、種をまいて、間引かずにそのまま育てる。

追肥

追肥は草丈7~8cmの頃に施す。

収穫

草丈が15~20cmになったら引き抜くか、株元から切り取って収穫をする。育ちすぎると、葉がかたくなる。とり遅れた株は、春にとう立ちするので、ナバナとして食べるとよい。

ナバナの育て方
ナバナの育て方です。ナバナは8月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~4月です。とう立ちした花茎を摘み取って収穫します。収穫が遅れてとう立ちした、チンゲンサイや小松菜などの葉菜類もナバナとして利用できます。

コンテナ栽培

幅65cmの標準プランターを使用する場合は、条間10~15cmの2条まきにする。

周年栽培可能で生食に最適 【種子】コマツナ サラダ小松菜 8ml