金柑の栽培方法・育て方

金柑の栽培時期

金柑は3~4月に苗木を植え付けて栽培します。栽培適地は関東地方以西です。肥料は毎年、3月と6月と10~11月に施します。摘果は9月に行います。収穫時期は12~1月です。果実が濃い黄橙色になったら収穫します。剪定の時期は3月です。

金柑の栽培カレンダー

植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 キンカン
科名 ミカン科
分類 常緑樹
結実年数 3~4年
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。最低気温は-5℃まで耐える。適正な土壌pHは6.0程度。
花芽分化 6月頃。花芽分化から開花までの期間は、一般的な柑橘類(3~4ヶ月)と異なり、1ヶ月程度と短い。
植付時期 3月下旬から4月上旬
収穫時期 12月以降。果皮が濃い黄橙色になった頃。
キンカン(新特産シリーズ)
河瀬 憲次
樹勢を維持する施肥や葉面散布、当年の新梢管理のコツを詳解。

生態・特徴

  • 中国原産の常緑低木。

  • 金柑(キンカン)の果実は2~3cm程度の大きさで、皮ごと生食できるのが特徴。生食以外に、砂糖漬け、マーマレードなどにも利用される。

  • 金柑の花は7月から8月頃にかけて3~4回咲く。

  • 自家結実性があり、1本でも結実するため、受粉樹は必要ない。

  • 関東地方以西の温暖な地域が栽培に適している。

苗木の植え付け

  • 苗木の植え付けは3月下旬から4月上旬頃に行う。

  • 苗木は高さ40~50cm程度で切り返して植える。

肥料

  • 毎年、3月に有機質肥料、6月と10月下旬から11月上旬に化成肥料を施す。

摘果

  • 大きい果実を収穫したい場合は、9月頃に小果や傷ついた果実などを摘み取り、枝長10cmあたり1果になるように摘果を行う。

収穫

  • 収穫は12月以降、果皮が濃い黄橙色になった頃に行う。

  • 熟すと果皮も甘くなる。

剪定

  • 剪定は3月頃に行う。

  • 花芽は主に、当年の春(4月下旬から5月頃)に伸びる新梢につく(6月頃)。

  • 込み合った部分の枝を間引く、間引き剪定を主体にして、樹冠内部までよく日が当たるようにする。

  • 金柑は剪定後に花芽がつくため、他の柑橘類に比べると、自由に剪定ができる。

  • 仕立て方には開心自然形などが向く。

ぷちまる
花ひろばオンライン
果重12g。種が少ない。食味良好。収穫は1月。