菊芋の栽培方法・育て方|秋の開花後に芋の肥大が始まる

菊芋の写真

栽培の概略菊芋は3月~4月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。草丈は2m以上にもなるので、強風の当たらない場所に植え付けます。茎葉が枯れてきたら、土中から塊茎(芋)を掘り出して収穫します。

スポンサーリンク

菊芋の栽培カレンダー

菊芋の栽培カレンダー

植え付け(関東) 収穫

菊芋の基本情報

名称 キクイモ
科名 キク科
栽培環境 日当たりのよい場所で育てる。冷涼な気候を好む。強風の当たらない場所がよい。耐寒性が強く、塊茎は北海道でも越冬できる。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温
生育適温
植付時期 3月下旬から4月中旬
収穫時期 茎葉が枯れてきた頃

おすすめの種・苗

キクイモ 種芋1kg
ノーブランド品
植え付け後春から芽吹き始めます。

生態・特徴

  • 菊芋(キクイモ)はキク科ヒマワリ属の多年草で、草丈は2m以上にもなる。

  • 地中にできる塊茎(芋)を食用とし、主に漬け物、炒めものなどに利用する。

  • 秋になると開花し、その後に塊茎の肥大が始まる。

種芋の植え付け

  • 種芋の植え付けは3月下旬から4月中旬頃に行う。

  • 株間30~50cm、覆土5cmで植え付ける。

  • 草丈が高くなるので、風の強い場所は避けて植える。

間引き

  • 植え付け後、1株から何本もの芽が出た場合は、2~3本程度に間引く。

追肥

  • 追肥はほとんど必要ない。

株の倒伏を防ぐ

  • 成長してきたら、株を紐などで囲って倒伏を防ぐ。

収穫

  • 収穫は茎葉が枯れてきた頃に行う。

  • スコップなどで土の中から塊茎を掘り出す。掘り残すと、翌年、残した塊茎から萌芽するので注意する。

鉢・プランター栽培

  • 直径40cm、深さが30cm以上ある鉢を使用して1株を栽培する。