ケールの栽培方法・育て方|栄養価が高く青汁の原料にもなる

ケールの写真

栽培の概略ケールは7月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~12月です。30cmくらいに成長した葉を順次かき取って収穫します。栄養価が高く、青汁の原料として利用されています。

スポンサーリンク

ケールの栽培カレンダー

ケールの栽培カレンダー

種まき(関東) 収穫

ケールの基本情報

名称 ケール
科名 アブラナ科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。暑さや寒さに強い。適正な土壌pHは6.0~7.0。
発芽適温 15~30℃
生育適温 15~20℃
種まき時期 7月中旬から8月中旬
収穫時期 30cmくらいに成長した葉を順次かき取って収穫する。
連作障害 あり(2~3年)

畝幅・畝の高さ・株間・条間

畝幅 60cm(1条)
畝の高さ 10cm
株間 40~50cm

苦土石灰散布量・施肥量

苦土石灰 100g/m2
元肥の施し方 溝施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの種・苗

青汁用ケール
タキイ種苗
青汁用のケール。生育旺盛で栽培容易。
カリーノケール・ミスタ
農業屋
クセがなくサラダなどに向く。葉が縮れるのが特徴。

生態・特徴

  • ケールはキャベツの仲間だが、キャベツと違って結球はしない。

キャベツの栽培方法・育て方|球がかたく締まっていたら収穫
キャベツは7月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~12月です。大きくなった球を手で押してみて、かたく締まっていたら収穫します。さまざまな料理に使える結球野菜の代表です。
  • 栄養価が高く、青汁の原料として利用されている。そのほか、煮物や炒めものなどにも利用できる。クセがなく、生で食べられる品種もある。

  • ケールと芽キャベツを交配したプチヴェールという野菜もある。

土作り・畝立て

  • 畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。

  • 1週間前になったら、畝を立てる場所の中央に幅15cm、深さ20cmの溝を掘り、そこに元肥を投入して、土を埋め戻し、その上に畝を立てる(溝施肥)。

種まき・苗の植え付け

  • 種まきは7月中旬から8月中旬頃に行う。

  • ポットに3粒の種をまく(覆土5mm)。本葉2~3枚になったら1本に間引いて、本葉5~6枚になったら定植をする。育苗日数は30日程度。

追肥

  • 追肥は定植の2週間後に施す。以後、2週間ごとに追肥を施す。

収穫

  • 30cmくらいに成長した葉を下のほうから順次かき取って収穫する。

鉢・プランター栽培

  • 9号以上の鉢で1株を栽培する。