カリフラワーの育て方

カリフラワーの写真
カリフラワーは7月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~12月です。花蕾の直径が12~15cmになったら収穫します。カリフラワーはブロッコリーの変種です。花蕾がオレンジや紫になる品種もあります。

栽培カレンダー

カリフラワーの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称 カリフラワー
科名 アブラナ科
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。適正な土壌pHは5.5~6.5。
発芽適温 15~20℃
生育適温 20℃前後
種まき時期 7月中旬から8月上旬
収穫時期 花蕾の直径が12~15cmになった頃。
連作障害 あり(2~3年)
収穫量の目安 1個あたり500g

植付場所

畝の大きさ 幅60cm(1条)、高さ10cm
株間 45cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量 100g/m2
元肥の施し方 溝施肥
元肥 化成肥料(8-8-8)100g/m2、完熟牛ふん堆肥2kg/m2
追肥 化成肥料30g/m2(1回あたり)

おすすめの品種

オレンジブーケ 生育旺盛で作りやすい中早生種。花蕾がオレンジ色。茹でても色は変わらない。
パープルフラワー 花蕾が紫色。生食もできる。茹でると青紫色に。
スパイラルロマネスコ 花蕾が幾何学的形状。甘味が強い。
オレンジ美星 オレンジ色のミニカリフラワー。生食にも向く。

生態・特徴

カリフラワーは茎の先端にできる花蕾(からい)を食用にする野菜で、ブロッコリーの変種。花蕾の色には一般的な白色のほか、オレンジ色や黄緑色、紫色などがある。黄ばみのない純白の花蕾を収穫したい場合は(花蕾は日にあたると黄ばむ)、花蕾が肥大してきた頃に、花蕾を外葉で覆って遮光するとよい。葉が自然に花蕾を包み込む、包葉性の強い品種もある(ホワイトキャンディなど)。

ブロッコリー、スティックブロッコリーの育て方
ブロッコリー、スティックブロッコリーの育て方です。どちらも7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は10~12月です。ブロッコリーは頂花蕾(ちょうからい)を、スティックブロッコリーは長く伸びた側枝と側花蕾(そくからい)を食用にします。

カリフラワーの育て方

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、畝を立てる場所の中央に幅15cm、深さ20cmの溝を掘り、そこに元肥を投入して、土を埋め戻し、その上に畝を立てる(溝施肥)。

種まき・植え付け

春まきもできるが、家庭菜園では栽培しやすい夏まきがおすすめ。種まきは7月中旬から8月上旬頃(夏まき)に行う。ポットに3~4粒の種をまき(覆土は5mm)、発芽したら間引き始め、本葉2~3枚で1本にして、本葉5~6枚になったら定植をする。発芽には4~5日かかる。育苗日数は30日程度。

追肥

追肥は定植の3週間後と花蕾が見え始めた頃に施す。

花蕾の保護

花蕾が白い品種では、花蕾の直径が5cmほどになったら、日に当たって花蕾が黄ばんでしまうのを防ぐため、外葉を折って花蕾にかぶせて遮光する。外葉で花蕾を包み、紐で縛って遮光してもよい。花蕾が白以外の品種では、花蕾を遮光する必要はない。

収穫

花蕾の直径が12~15cmくらいになったら、花蕾の下を切って収穫する。カリフラワーはブロッコリーのような側花蕾の収穫はできない。

コンテナ栽培

コンテナ栽培にはミニカリフラワー(美星など)が適している。幅65cmの標準プランターで3株を植える。

日本生まれのスティックカリフラワー 野菜種 カリフローレ トキタ種苗