カモミールの育て方

カモミールの写真
栽培の概略カモミールは3月~4月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~6月です。開花して、花の中心部が盛り上がってきた頃に収穫します。リンゴに似た甘い香りが特徴のハーブです。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

[ジャーマン種]
カモミールの栽培カレンダー
種まき(関東) 開花 収穫(花)

基本情報

名称表記 カモミール
科名 キク科(一年草・多年草)
草丈 ジャーマン種は60~70cm、ローマン種は30~40cm
利用部位 葉、花
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。暑さと乾燥には弱い。寒さには強く、戸外でも越冬する。
発芽適温 15~20℃
生育適温 15~20℃
種まき時期春まきは3月上旬から4月上旬、秋まきは9月下旬から10月上旬
収穫時期 開花して、花の中心部が盛り上がってきた頃。
株間 20~30cm
覆土 種が隠れる程度に薄く

主な品種

ジャーマンカモミール カモミールの代表種。花にリンゴのような香りがある。
ローマンカモミール ほふく性で全草にリンゴのような香り。グラウンドカバーに向く。
ダイヤーズカモミール 草丈60~100cm。黄色の花が咲く。花から染料がとれる。

生態・特徴

  • リンゴに似た甘い香りが特徴のハーブで、花を摘み取って、生もしくは乾燥させて主にティーに利用する。
  • 和名はカミツレという。
  • カモミールの代表種には、一年草のジャーマンカモミールと多年草のローマンカモミールがあり、ジャーマン種は花だけに甘い香りがあるのに対し、ローマン種は全草に甘い香りがある。
  • ローマン種はほふく性で、地面を這うように成長するので、グラウンドカバーや芝生のように植えて楽しめる。
  • ローマン種には八重咲きのものもある。
  • ジャーマン種とローマン種を見分けるには、開花時に花の中心部(花床)を半分に切って断面を見てみる。
  • 中心部が空洞なのがジャーマン種で、中身が詰まっているのがローマン種。

カモミールの育て方

種まき・植え付け・肥料

  • 種まきは3月上旬から4月上旬頃(春まき)と9月下旬から10月上旬頃(秋まき)に行う。
  • ポットに4~5粒まいて、発芽後、順次間引いて、本葉5~6枚までに1本にして定植をする。
  • 直播きしてもよい。
  • 肥料は生育期に月1回程度与える。
  • 肥料に窒素分が多いと、葉ばかり茂り、花つきが悪くなるので注意する。

収穫

  • 開花して、花の中心部が盛り上がってきたら、花を摘み取って収穫する。
  • 花の量が多いときは、陰干しして保存することもできる。

増やし方

  • 株を増やすときは、ジャーマン種は種で、ローマン種は春か秋に株分けで増やすのが簡単。
  • ジャーマン種はこぼれ種でよく発芽するので、収穫するときに全部の花を摘んでしまわずに、少し残しておくと、こぼれ種で自然に繁殖していく。

コンテナ栽培

  • プランターで栽培する場合は、幅60cmのプランターで3株、6号鉢で1株が目安。
楽天市場で種・苗を探す リンゴやパイナップルに似た甘い香り【種子】ジャーマンカモミール