ほうれん草の栽培方法・育て方【プランターでも栽培できる】

ほうれん草は3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~6月と10月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。生食できる品種もあります。

ほうれん草の栽培カレンダー

ほうれん草の栽培カレンダー

種まき(関東) 収穫

ほうれん草の基本情報

名称ホウレンソウ
科名ヒユ科
草丈25~30cm
栽培環境日当たりの良い場所で育てるのがよいが、半日陰でも育つ。冷涼な気候を好み、寒さには強いが、暑さには弱い。適正な土壌pHは6.3~7.0
発芽適温15~20℃。発芽温度は4~35℃。25℃以上は発芽率が低下する。
生育適温15~20℃。25℃以上では生育が悪くなる。0℃になると成長が停止する。低温には強く、-10℃まで耐える。
収穫時期草丈20~25cmの頃。播種後45~60日程度。
株間3~6cm
覆土5mm
連作障害あり(1~2年空ける)
目標収穫量1平方メートル当り1~2kg
プランター 幅65cmの標準プランターで2条まき

おすすめの種・苗

サラダほうれん草 ディンプル
サカタのタネ
アクが少なく生食でもおいしい。

生態・特徴

  • ほうれん草は夏の暑さに弱いため、家庭菜園では、夏季を避けて、春まきや秋まきで栽培するのが一般的。

  • 寒さには比較的強いので、青ものが少なくなる冬には重宝する。

  • ほうれん草には大きく分けて、葉の切れ込みが深く根元が赤い東洋種と、葉が楕円形で根元が白い西洋種と、これらの西洋種と東洋種を組み合わせた交配種の3つがある。

  • アクが強く、本来、生食には向かないが、最近では生でサラダに利用できる品種(サラダほうれん草など)も出ている。

  • ほうれん草は日が長くなると、とう立ちしやすくなるため、春まきではとう立ちの遅い晩抽性の品種を選ぶとよい。

  • 西洋種はとう立ちしにくいので、春まきでも栽培できるが、東洋種は西洋種に比べ、とう立ちしやすいため、春まきより秋まきが適している。

種まき・追肥

  • ほうれん草は野菜の中でも特に酸性土壌に弱いので、種まき前に苦土石灰を散布して、土壌の酸度を調整することが必要。

  • 酸性土壌では発芽しても、生育初期に葉が黄ばんで、成長が止まる。

  • 種まきは3~5月(春まき)と9~10月(秋まき)に行う。

  • 発芽後、本葉1~2枚で1箇所1本になるよう間引く。

  • 追肥は草丈7~8cmのときに施す。

  • 種は厚い果皮に覆われていて水を通しにくく、発芽が不ぞろいになりがちなので、一晩、水につけてから播くと発芽率がよくなる。

  • 市販の種にはネーキッド種子(タキイ)やプライマックス種子(サカタのタネ)のように発芽率を高めるために、発芽促進処理を施したものもある。

収穫

  • 草丈が20~25cmになったら、根本をハサミで切りとって収穫する。

プランター栽培